FC2ブログ
 


やっちまった!海外通販で住所ミス。




BMW C400GT を買った時にオマケでつけてくれたリアトップボックス。SHAD製だけどBMW純正扱いのお品。調べてみると、リアのアタッチメントも入れると10マン弱するみたいだ。タカ―。

カッコもいいし気に入ってはいるんだけど容量が小ぶり。SHADのアタッチメントはついているので、SHAD製であれば交換可能。バイクキャンプも考えているのでトップボックスの大容量タイプもググってみる。用途に応じて付け替えようかと。
IMG_4731.jpg

こういう時にボクは良く海外通販を利用する。

以前使ったことのある tradeinn.com (キャンプ用品やアパレルも安いよ)で見ると、ボクが狙ってるShad Top Case TR48 日本価格5.8マンが3.5マンだ。送料入れても4.2マンなのでダイブンお安い。下のような商品。
2020-11-16.jpg


注文すぐに発送確認のメールがきた。
2020-11-11_20201111172320eaf.jpg

さあ2週間経つのでソロソロ到着すんじゃね・・ということで追跡してみると
・・11/10に大阪の国際郵便局からオランダに返送されている。
えええええええええ!
2020-11-11-(1)_20201111172317f2d.jpg

原因はすぐにわかった。3年前に転居したのだが、tradeinn.comへのアカウント情報の住所を変更してなかったのだ!発注時に当然住所は確認すべきなのだが、Amazonなんかのノリでポッチとしたままで内容をよく読んでなかったみたい。大失敗!!!(タブン、酔っぱらっていたのだろうwww)

そして、荷物が日本郵便にはとどいたが、転送期間はとうに過ぎているので宛先不明で返送されたのだ!!

トラッキングを見て、このことに気が付いたのが11/11。11/10には日本から返送されている。あわてて地元の郵便局に電話するが、大阪国際郵便局に電話せよと。電話してみると当然のごとく航空便で発送した後とのこと!!!

エクストラの送料がかかっても構わないので、再度送ってくれないかと、tradeinn.com にメールを送ったら、返送品が届いたら返金すると。
一応セーフ!

返金が確認されたら、もう一回注文するつもり。すみません。tradeinn.com さん!スペインの会社だけど信頼おける会社です。





BMWが走行距離12kmを想定した電動スクーターのコンセプトを・・・。




BMWの二輪部門であるBMW Motorradは、2020年11月11日に開催されたデジタルイベント「#NEXTGen 2020」で、電動スクーターのコンセプトモデル「Definition CE 04」を発表。1日の走行距離12kmを目安とした、都市部での使用と扱いやすさを前提に設計された電動バイク。都会で生活&仕事をする人々と電気バイクとを、一層身近なものへと導いているのがポイントだ。

big_main10017198_20201114100742000000.jpg

AKIRAのバイクみたいで格好はいいが、1日の走行距離12kmを目安・・・というのが一番気になるトコロ。目安・・というのが実航続距離が12kmというのを意味するのかどうかはわからないが、仮に長くても2倍・・24km程度だと考えるのが妥当だろう。

ボクの電動パッソル(や、充電させてくれませんかのE-VINO)と同じ程度ということだ(爆笑)

コンセプトモデルなので当然価格は出ていないけど、発売するとなるとE-VINOのように20マン台なんてことはあり得ないでしょう。BMWなので50マンくらいかな。

話しが変わるが、ホンダ初の電気自動車「Honda e」がドイツでカーオブザイヤーを取ったらしいが、欧州セールスは「爆死」らしい。
04_iaa_hondae-768x512.jpg
理由は性能は良いが、航続距離と価格がミスマッチ・・という誰もがわかっていた理由らしい。HONDA eの航続距離はWLTCモードで283km(=実質200km程度)しか走らないのだ。

開発者は、よく市場調査によると平均的ユーザーの1日の走行距離は◯kmなので十分だ。。。というけど、馬鹿げた話だ。

バイクでも車でも、通勤で使うのは◯kmだろうけど、1カ月に1度くらいは皆ドライブくらいしますよね~。

そんな時に、BMWの50マン(想像)のバイクや、HONDAの500マンの車は、使えないのです!!

ドライブの時は、友達に借りなくちゃいけない。またはレンタカー借りなくちゃいけない。

誰がそんな車買います?


電気自動車やバイクは、走行距離が正義で、それ以外はオマケですよ。なんでこんな簡単なことが、大企業の優秀な経営者やエンジニアはわからないんでしょうね・・といつも不思議なのです。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


祝 パッソルEV沼 卒業




一応、レストアの成果を・・。

■Before■

IMG_4364_2020101914383026f.jpg
IMG_4363.jpg



■After■

アンマリ変わってないか(爆笑)

細部を見れば全然違うのです。ミラーを立てているのは変な趣味ではありません。1000円くらいのAmazonの安物を買ったら、こうでもしないと後ろが見えないのです。
IMG_4403.jpg

チャリ用の泥除けが笑わせる。もう少しタイヤから離した方が良さそうだ。あと、リアショックも頼んでいるので来たら装着しよう。
IMG_4405.jpg

今回、「ほぼ」自転車みたいな電動バイクを全バラシしてみて強く感じたのが、日本人の非合理性。ネジの不統一や、一つのパーツを外すのに、アレ、コレ、ココを順に外さないとアクセスできないとか。強度がかからないところは、片側を爪にして、もう片側をネジで押さえればイイのに、何箇所もネジで止まっているとか。20年前の基本設計のバイクを取り上げてウンヌンはおかしいかもしれないけど、これじゃ値段が高くなりますワ。中国人はこういうとこを研究しているんだと思います。


さて、問題のバッテリー、再度充電して平地で走ってみたが2km弱走ったらアラーム。完全に逝っちゃってます。
IMG_4406.jpg

レストアしてしまっているので、捨てるのも捨てられず近くのYSPで電池購入。\66,330也。車両購入と合わせて10マン強(大泣)

ランニングコストは、前回も書いたけど、500回充電が性能目安みたいなので、1充電20km走行あたり電池の償却コストは132円。これに電気代15円をプラスすると20km走行コストは147円。

全然、エコノミーではない(爆)

ただ、ボクは、会社と家にソーラーを設置しているので、ボクがパッソルで使う電気は、屋根の上で作っていると言える。ゼロエミッションは達成だ。

エコノミーではないが、エコロジー。だからエコと言っても間違いはない。

ちなみに、裏技として、東京都民ならE-Vino購入で都の助成金が80,000円、国の助成金が26,000円で併用可能。つまりメーカー希望小売価格が259,600円(消費税含む)なので、15マン程度で買えちゃう計算です(登録などに伴う諸費用は別途・・・毎年予算終了したらその年は打ち切りになります。ボクは東京都民じゃないので最新情報はフォローしていません。また他の地区でも補助金はあると思います。興味がある方はご自分でお調べくださいwww)

例えば、東京都民なら3年乗って(3年縛りなので)電池の状態がよければ15マンで売れる可能性大です。電池の償却コストも関係なく、タダに近い移動コストでコロナ禍を乗り切れるかも。E-Vinoも電池カートリッジを部屋で充電できるもんね。
20190809_02_001.jpg



話しは戻って・・・

電池を買いに行ったYSPショップの奥様もパッソル EVのEC03(エコサンと呼んでた)を普段の足にしているらしくて、「電池が切れて、トラックで迎えに来てもらった」とか「電池交換で6マンいったのよ。ありゃアンタもだね。ガハガハ」とかアルアル話で盛り上がる(盛り上がりたくないけどwww)

ボクの初号機は、電動自転車のように電池がカートリッジになっているので、部品発注だけでいいが、EC-03は、バラさないと電池交換ができないので、工賃もバカにならないそう。

今回の件で痛感したのは、飛べない豚はただの豚 じゃなくて 走らない電気バイクはただのオモリ です。いかに何が高性能でもHonda e のような短い航続距離の電気自動車に「正義」はありません。


追記:

夜すぐそこのコンビニ行ったら、ライトから煙が出てボンヤリしかつかなくなった(大爆笑)

パッソルEVの電装系は24Vなので12,24V両対応の中華LEDライトをつけたのだが、中華のお方に騙されたらしい。800円だからクレームつける手間が惜しい。別の1000円のお品発注(苦笑)
IMG_4421.jpg

沼は続く(爆笑)




さて、ラストワンマイルの電動キックボードが日本でも公道を走れるようになるらしく・・




日本でも「原付」扱いの電動キックボードの規制を緩和し、公道の「自転車レーン」で走行させる実証実験が行われています。来春くらいには電動キックボードが大手を振って公道で乗ることができるようになるかもしれません。海外では、ソモソモ自転車扱いなのに、規制好きの日本は原付だったわけです。新しいビジネスの芽を摘みますよね。

海外では、法律外のことは黙認で、問題が出たら法律を作るのだけど、日本はまず規制、そして要望が出たら法律改正・・なので新しいチャレンジの時はまず役所とのファイトが待ってますよね。省令、庁令、通達という役人の裁量で決めることができる「準」法律があるのが問題ですよ。
images_20201020163932d7d.jpg


電動キックボードなら車載ももちろん可能ですし、電車も(ケースに入れるべきでしょうが)OKだと思います。電動系で問題になるのがマンションとかで充電できないこと。しかし、これなら部屋に持って入って充電できます。

自転車の代替えになるかもしれません。

これはメルセデスベンツの電動キックボード。1回の充電での航続は最大25km。メルセデスが商品作ろうかと思う程度の有望さなのです。
1566950.jpg

激安破壊王のXiaomiの電動キックボード M365なら走行距離は最大30km、充電時間は5.5時間で速度は最大で25km/h、エコモードで18km/h。重さ12.5kg。値段は、なんと35,788円。この値段なら2~3年乗れれば走らなくなっても腹は立たないかも・・。
xiaomi-m3651-500x445.png

18650セルを30本使っているみたいです。
xiaomi-m3658-500x329.png

電池交換できるのか、ググって見ると現在在庫切れで値段は不明だがAmazonに商品登録はあるみたい。AliExpressならUS $110.98。1マンちょいか。サスガXiaomiが中華製品なので中華のバッタモンがたくさんある。充電時に火を噴くかどうかは運次第だけど。


サテオキ。

お使い電動バイクでパッソルを買ってみたのですが、全個体電池が実用化されるまでは、ラストワンマイルのお使いには電動キックボードが正解かもしれません。規制緩和が待たれますね。




niko and..のメスティン




嫁ハンと買い物行って、普段は覗かない「niko and..」のショップに。

キャンプブームなんですね。キャン系のGoodsが結構ありました。

CityCreekなる大き目のメスティン発見。1300円くらいだったので買ってみた。ステンで、一人鍋にちょうどよさそう。
IMG_4286.jpg

あとPENDLETONのラグも購入。家のフンイキに合わないかなとも思いつつ。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


4マンで買ったパッソルEV やっぱりダマサレましたよ。




4マンで買ったパッソルEV。
IMG_4364_2020101914383026f.jpg

バラシて防錆塗装実施。
IMG_4376_20201019144141daa.jpg

これは苦労したヘッドライトのLED化。ステーを作り直しました。
IMG_4404.jpg

フロアと前面のパネルは梨地塗装。
IMG_4398.jpg
IMG_4397.jpg

グリップを交換して・・
IMG_4395.jpg

フロントのキャリアを塗装してカゴも変更。あと、ミラーにヘッドライトLED化。
IMG_4396.jpg

週末2日かけてレストアの完了。カゴがデカすぎるのだが、これがフツーのママチャリのカゴサイズ。
IMG_4399.jpg

満充電にして、下のスーパーまで試走でひとっ走り。


ところが・・・


下りは当然電気使わず満充電のまま快調、上りになった途端に満充電からいきなり0へ。


ええっ!!1kmも走ってないぞ。電池完全にイカレテル!!!


なんだこのパッソルEV・・完全にジャンクじゃんか。電池がダメなら相場は1マン程度だ。人の良さそうなオッサンに騙されたよ~。何が180回充電しかしてなくて20kmは走るだ。ウソツキーーー。2日の時間と、4マン返せーーー。


・・・などとと、ブツクサ悪態つきながら標高200mのボクの家まで、バイクを押して上がる。上がる息、吹き出す汗。死にそうだ。50m押して休み、押して休みで1時間。車重50kgと言っても、電源入ってないと重い。モーターが発電しているのだろうか。

横をオジサンの乗ったフツーの原付スクーターが抜いていく。オットーの発明した内燃機関の素晴らしさを目の当たりにしながら、50ccの小さなピストンが生み出す力の偉大さを実感する。どっちがハイテクなんだがわからない。

ヘトヘトで家にたどり着いてシャワーを浴びる(泣)



さて電池購入検討。




リストアしてなかったら、放棄することも考えるのだけど、せっかくキレイにしたので、電池購入を検討。

方法その1 メーカーから純正品を買う。最も安心。7マン也。

方法その2 バッテリーのセルだけを入れ替える。専門の会社もあるようだ。
2020-10-19.jpg

これだと50~70%の料金らしい。パッソルEVの電池は、電動自転車と同じような物なのでたぶん相談すれば対応してくれるだろう。14日かかるらしい。

方法その3 荒業で「自分でセルを交換する」

写真はボクのパッソルの後継のEC03の電池とモーターユニット部分。電池は、18650を112本積んでいるらしい。ボクの初代機は、100本くらいかな・・。
ec-03_02.jpg

Amazonで、18650セルの値段を見ると、ボクがよく使うKEEPPOWERだと1本1000円。100本なら10マンだ。純正電池を買う方が安い。


PSEがついた(ホンモノかどうかは不明)お安いお品で680円。100本で6.8マン。電池タブのスポット溶接機もいるし、なにせ手間暇考えると純正電池買うのが賢そうだ。実はもっと激安のセルもあって、それだと2マンくらいで収まりそうだが、充電したら燃えるでしょうしね。


発注検討。修行は続く。




嫁ハンの誕生日でして・・・




昼はノースショアでランチ。
IMG_4350.jpg
IMG_4368.jpg

夜はヒサビサの回らないお寿司。
IMG_4394.jpg


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


4マンで買ったパッソルEVその後




正確には3.98マンで買ったパッソルEV。近所をスゥーと一回りして気に入ってリストアすることを決意。電池の持ちはオーナーに言わすと20kmはいけるということだけど怪しい・・・。山の上に住んでいるボクが(もしくはヨメハン)下のマーケットにいければそれでいい。
IMG_4364_20201016151231802.jpg

スペックはこんな感じ。EC-03じゃなくてボクのは初代モデルのSY01Jだけど航続距離が32kmという以外はほとんど同じみたい。ちなみに右列のE-Vinoは出川哲郎の「充電させてくれませんか」の現行モデル。法的な規制があるのか、スペックはほとんど進化していない。

2020-10-16.jpg

走行コストだけをいうならば、EVバイクは1充電15円で20km走れるならば低コストとは言える。例えば、ガソリン1L=20km走行の車なら20km走行のコストは130円。15円とは比較しようがない。しかし、ガソリン1L=60km走行のカブ50なら20km走行のコストは40円・・と肉薄する。

しかし、考えなくてはいけないのがEV場合は電池交換コスト。500回充電で7マン程度。1回充電20km走行のコストは140円と言える。そうするとカブはもちろん車と比較しても全くECOではない。ボクが買ったこのバイクは、「バッテリーは数年前に新品交換し、現在180回くらいの充電回数ですのでしばらくは問題ない」・・とのことだったのだけど、さてどうか。劣化なしとは言えない。


じゃ・・なんで買ったの?

軽くて女性でも安心。そしてキャンカーでも運べる。これにつきる。




サテオキ。

程度良との出品で、見た目確かに光っていたが、556を吹きまくっているみたいでアチコチベトベト。タイヤまでもがヌルヌルだ。ブレーキクリーナーで油落としをして、中性洗剤で洗車。ばらしてみると、特にハンドル周りは結構な錆。週末にばらして錆止め吹いとかないと危ないな。
IMG_4376.jpg

説明書がなく、SETボタンをナントナク長押しすると、パスワードロックが起動。4桁のパスワードを入力しないとRUNモードに入らない。もちろん、パスワードは前オーナーが設定したものだ。

ゲゲゲゲゲゲ・・マジか!

4桁といっても、番号キーは1,2,3のボタンの3個。組み合わせは3の4乗で81通りしかない。仕方ないので、樹形図書いて、総当たりで試すことに。ところが、2回総当たりを試しても当たらない。

マニュアルを落として読んでみると、3回連続で間違ったら一度キーをオフオンしないとならないらしい。ところがキーが摩耗して、ナカナカ回らないのだ!時間ないので売主にパスワード問い合わせたが、わからないとのこと。地道にやるしかない。

で、その夜1時間かけてナントカ解除。
IMG_4373.jpg

アチコチ劣化があるにで、このまま乗る気がしない。電池の耐久テストしてからじゃないと骨折り損になりそうな気もするが、ばらしたついでに、ミラー、ハンドグリップ、泥除け、前かご、LED球を発注。あと、ハンドルのセンターが出てないので修正が必要だ。
IMG_4379.jpg


趣味の修行です。





ヒサビサにバイクのメットを購入。それも風変わりな・・。




イタリアからの国際便。
IMG_4346.jpg

開けるとヘルメット。それも、GIVI。ジビは、バイクのトップボックスなどのアクセサリーメーカーだ。頭は命取り。SHOEIかAraiでしょう!と言われると思うのだが、お恥ずかしながら頭がデカイので、海外メーカーの製品が(入るかどうかが)安全なのだ。なので、フルフェースはBELLを使っている。度々買い替えた方が安全なのだ・・と自分に言い聞かせてる。
IMG_4349.jpg




夜は近所の居酒屋にGOTO。




道後温泉 あすかの湯 の前の金兵衛。ちょっとマイブーム。
IMG_4291.jpg
IMG_4292.jpg

二次会は野外の和風バー。黒い天井は、夜空だ(爆笑) 雨が降ったらどうするんだろうとか、冬はどうするんだろうとか興味はつきないが、面白い。ソーシャルディスタンスも十分だ(笑)
IMG_4371.jpg



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


YAMAHA パッソルEV(電動スクーター)




ヤフオクに、地元からの出品でお安く出ていたので入札ポチ。

その後、飲み会あったので忘れていたのだけど、翌日見てみると落札してしまっているwwww

最近、乗り物がマイブームだ。なぜかわからないけど。。

そして、本日、引き取りに行ってまいりました。

正式名称は、YAMAHA パッソルEV(電動スクーター)SY-01J。充電させてくれませんか・・に出てくる電動スクーターのオリジンだ。

チャチャッと市役所で登録を済ませて、自賠責と任意保険の手続き完了。

キャンカーのヒッチメンバーにバイクキャリア積んで現地の足に使う予定。もちろん、コンビニ買い物にも・・・。車重50kgなので余裕でリアヒッチ対応可能だ。
IMG_4364.jpg
IMG_4362.jpg

この手のEVバイクの問題はバッテリーなんだけど、オーナーさんの話しでは20kmは大丈夫とのこと。補修バッテリーは7マン、危険を承知で18650を入れかえたら2マンくらいかな。まあそこまで乗るかどうか。

明日からちょっとずつリストアしていこう。まずLED球に替えて、カゴも変えるか・・・っと。

追記:
パスワードロックが不明。総当たりで解除中。神は苦難をあたえたもう。




道後でランチ・・例のGOTOを使って・・・




道後温泉飛鳥の湯の前にできた・・
IMG_4235.jpg

・・居酒屋金兵衛。近くに居酒屋がなかったのでヨカッタ。愛媛の名物がワンストップで食べることができる。タケシカンパニー考えたな。
IMG_4291 (1)

奥様とGOTOを使ってランチデート。

正確にはGOTOにプラスして松山市の「食べに行こうや」キャンペーンも併用。「食べに・・」は地域電子マネーにチャージで20%還元(上限1マン) + マネーを実際使用して松山市から20%還元(上限なし)。計40%。それに、国のGOTOでお一人ランチ500円のバック。1200円のランチが一体おいくらで食べれているのか・・・200円くらいか・・・コンビニ弁当食べるのがバカバカしくなる。大丈夫なのか国の財政。まあ、夜も覗いてみよう・・。
IMG_4236_20201014153233200.jpg

スタバで食後のコーヒー。道後温泉駅は元々こんな駅舎だったのだけど・・
IMG_4261_2020101415020579e.jpg

建物がそのままスタバになっている。
IMG_4238.jpg

坊ちゃん列車(夏目漱石が松山に赴任時に乗ったマッチ箱のような蒸気機関車)も・・・
IMG_4259_202010141502038a3.jpg

復刻されて街中を実際に走っている。
IMG_4262_20201014150206988.jpg

駅舎の2階でラテ。
IMG_4258_202010141502027f2.jpg

コロナで旅行はしてないが、ちょっと旅行気分。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」