FC2ブログ
 


きっかけは、Eが一年点検で25マンとな!




メルセデスのEが1年点検。4年目だ。NEW E も発売予定なのでついでに現車確認。

この新シリーズのシャークヘッドがお気に召すかどうかが分かれ道ですね。
IMG_4203.jpg

ハンドルデザインは変更になっているが、その他は小変更みたい。ARナビがついているとのことだけど、使い物になるのかな?
IMG_4204_20200930155426e7c.jpg

代車はA。元祖シャークヘッド。
IMG_4211.jpg
IMG_4209_20200930155429768.jpg

自動運転(レベル2)も問題なし。ただレーンアシストはタッチセンサー式じゃなくてトルク感知式なので常にハンドルを動かさなくちゃいけないけどバシッとレーンの中央を走ってくれる。最新の制御だろう。
IMG_4208.jpg

Aクラスで驚いたのがコレ。シートキネティクス。運転中にシートポジションが一定時間で違和感がない程度に動く。背中の張りが強くなったり、シートの前端が下がったり・・。着座位置を変化させることで体にかかるストレスを緩和するらしい。簡単にいうと「自動ケツずらし」だ。長距離走ったら確かにお尻の痛さが軽減されそう。
IMG_4212_20200930160121d28.jpg

Aは、メルセデスのエントリークラスだけど、当然全面のグラス(液晶)コクピット。アナログメーターが多い国産車とは違う。

「ハイ、メルセデス」の音声コマンドは「暑い」と言えばエアコンの温度設定を1℃下げてくれるし、「寒い」と言えば今度は1℃上げてくれる。手動で操作するのも、大きなトラックパッドがセンタコンソールにあって選択するとプルッと震える触覚フィードバックもあったりする。


ドイツ車は一心不乱にエレクトロニクス化を推進している。このAなんて、スマホですよ。ホント。

それに、ボクのEと3年くらいの差だけど、エレクトロニクスの制御は相当進んでいるような気がします。先ほどのシートキネティクスなんて量産化コストは0ですもんね。アイデアがあってコードを書けば実現できる機能です。

ITの世界のドッグイヤーが車の世界にも押し寄せています。

全個体電池の開発をトヨタがしくじると、ITの波に乗れていない日本の自動車産業は終わるような気がします。自動車産業が終わると日本も終わるような気がします。まさに英国化。

しかし、日本沈没ギリギリなんだけど、日本では働き方改革の大号令。勤勉さだけが取り柄の日本だったのに。IT化の主力になる20~30歳台の人は仕事人間を社畜なんて呼んでますもんね。

朝のニュース番組ではワーケーションの特集。ワーク+バケーションの造語で例えば、リゾートでリモート仕事をすることらしいが、子供にゲーセンで受験勉強しろと言ってるのと変わらない。正気なのでしょうか?

ワーケーションではジョブ型への転換らしいが、言い換えたら成果主義だ。それが進めば業務委託、アウトソーシングになる。でも、業務委託するのはインドでもバングラディッシュでも構わない。同じ成果なら安い方がいいに決まっている。かつて、派遣社員制度で人材が育たなかったのだけど、それ以上のインパクトになるでしょう。

そんなことをブツブツ言いながら試走。

そうこう(走行)しているうちに、担当者から電話。点検費用が25マンとのこと。

「ええええええええええええ」

車検じゃなくて1年点検ですぞ。最低限にしてもらい8.5マンとのこと。売る車が入ってこないと言ってたけどメンテで儲けるコロナ割高なのかしら・・。





そうこう(走行)しているとBMWの知り合いから電話。今日は車デーだ。




優秀なBMWの担当者がボクの車が4年目を迎えるのを記録していたのだろう、マイナーチェンジの NEW 5 が出るので見に来ないかとのお誘い。まだ当分先(来年の2月配車)らしいのでちょうど買い替えの時期になりちょうどいい。点検25マンの件もあり買い替えリサーチもしておくべきかな。

で、また話を聞かせてよなんて言っていたら数時間後に事務所にやってきた。優秀な営業マンだ。

マイナーチェンジの、NEW 5 もイイケド現行5なら、在庫一掃+コロナ割引で爆発的に値引きできるとのこと。下取りも、新車のデリバリーが止まったので、中古を売らなくちゃいけないらしく、普段より相当いい値段で下取りできると。詰めてくる。優秀だ。

マイナーチェンジの新旧の違いを聞いてみると高速道路での60km/h以下でのハンズオフ走行ができるかどうかの違いらしい。高速で60キロ以下というと首都高のような渋滞が日常なところでは大活躍だろうが、田舎では使い道がなさそうだ。実際は自動運転の性能がそれ以上に上がっているようだが、旧タイプを押して売り上げをすぐに立てたいのだろう。優秀だ。
114519.jpg

押しの車種は、530e。いわゆるPHEV。バッテリー容量は9.2kwで、電気のみでの航続可能距離は52.5km。ボクの場合、少なくとも通勤はガソリン0で使えそうだ。完全EVまでのつなぎの車としてはちょうど良さそう。

爆発的な値引きかどうかは、優秀な営業マンの見積もり待ち。減税もあるから期待できるかな。1年後に乗れそうな車が出そろってきているので国産車並の差額で購入できるなら考えてもいいかなと思っている。




善(?)は急げ・・翌日早速試乗





IMG_4214_202010011454560de.jpg
IMG_4213.jpg

車自体は良くできている。特に自動運転(レベル2)のハンドルを持っておくのが、静電式のタッチセンサーなので本当に触れておくだけでいい。トルク感知だと切らないと警告が止まらない。

ただ、試乗の後で、優秀な(はずの)営業マンから告げられたのは

「新車の玉がないです・・・ロックダウンで生産が止まってまして。在庫がないのです」

「ええええええええええええ」

「この試乗車を買いませんか」

「ええええええええええええ」

で、値段算出待ち。なんのこっちゃ。






▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


メルセデスEの液晶が壊れた。



ボクのメルセデスEの液晶は結構前からこんな感じ・・・

IMG_2751.jpg

・・・そう色褪せが。

マルコポーロのセールスのために電話してきた営業氏に相談したらクレーム対応してくれると。

で、交換。
IMG_2786.jpg

ついでにバッテリーアラートが頻発するのでついにバッテリー交換。アイドリングストップなので2個あって8マン(!)と聞いていたのだが、このEは1個タイプらしく5マン也。十分タケ~けれど。

今後、EV系になってくると電子部品がアチコチに使われる。ハードだけじゃなくてメルセデスも点検の度にOSはバージョンアップされてくる。テスラとかはオンライン更新らしい。スマホなら再起動で済むが車はそうはイカン。

EV時代には新興メーカーがイロイロ出てくるでしょうが変なメーカーの車買うと痛い目にあうかもしれません。プログラムが原因で事故が起こってもユーザーは検証しようがないので、世界規模の客観的な審査機関が必要でしょうね。日 EU 米のメーカーで資金出して早めにつくった方が良さそうです。認定がないと加盟国では販売できないようにして・・。




Smart isn’t Smooth



代車はスマート。6速DCTが低速からスピードを戻す時にギクシャクしてボクは「アレ?」だった。やはり、この手のミニカーは日本の軽がスゴイですね。フロントグリルのノブを引くと、ボンネットが外れる(開くじゃなくて外れる)のには腰が抜けた。ヒンジやガスダンパーの節約なんでしょうね。こういうのをスマート(賢い)っていうのか。
IMG_2780.jpg



メルセデス V マルコポーロが再販になるらしく・・



資料を見せていただく。

前回モデルのマルコポーロは800マン程度で、例のディーゼル偽装で新車として販売ができなくなり中古でお安く出回るとの情報をいただき600~700マン程度で入手できるか??と興味があったのだけど田舎には配車なし。

そして今回のプライスタグは938マン也。大幅アップ。
benz-v220d-1.jpg

マルコポーロでもホライズンなのでキャンカーとしての装備はポップアップルーフだけ。
benz-v220d-5.jpg

ウェストファリアのような装備はなし。並行輸入のウェストファリアで980マンだったと思うので、ディーラー車といえどもホライズンは魅力が薄い。この額出すならキャンカーでも選択肢は増えるし、純粋な車中拍車なら他にもコスパのいい選択肢はありそうです。
6051_5_SSPVANSIP2607.jpg

ウチのファイブスター君も売れるうちに次期野遊びカーは選定しておかないと・・と思っているんですけどね。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
Eが定期点検で代車にお借りしたCLA。

当初数時間のはずがナビのバージョンアップで一泊預けになったので、以前から予定していた県外ショッピングをCLAクンで。
IMG_7113.jpg
IMG_7114.jpg
IMG_7118.jpg

Aクラス およびBクラス とベースが同じでクーペスタイル。ボクのEと同じクラスのエンジン(2Lのターボ。いわゆる2.5Lクラスかな)で小型ボディなのでよく走る。余裕があるからか、100km/hで1800rpmくらいしか回ってないのでとても静か。走行300km高速中心で12.8km/l。高速でもフラットにビシーとまっすぐ走る。

でも言いたいのはエラそうな評論家気取りのレヴューじゃなくてバイヤーズガイド的なこと。

ベンツ、BMWや、レクサスって程度のイイ中古でも値落ちが激しく、国産新車より安い。

例えば、カーセンサーでピピと検索してみると、新車で400万とかのCLAも、2017 走行5千kmで239万、残価51%。つまり、カローラクラスのお値段。
2018-08-29.jpg

営業氏の話しによると、最近のベンツ、BMWは、3回目車検(7年)程度はノートラブルでいけるはず。心配なら認定中古車で保証組めばイイ。

なので、一定のところで乗り換え下取り額を考えると国産コンパクト乗るより負担は少ないかも。

軽が総額200万、コンパクトで230万とかする時代。この車なら、6エアバックとか、レーダーセーフティーパッケージとか、より安全性は高いと思う。たとえば、今年から試験も始まっている「ポール側面衝突」。データを見ると軽だと26km/h以上で命に関わることもあるという評論家もいる。

そんなことを考えると、こういう選択もアリかなと思うのだけど、どうでしょう・・。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
往復300kmのドライブ。

MercedesBenz E で、出かけるときに、役に立つのが自動運転。

正確にはレベル2の準自動走行だ。1年半乗って言えることは、かなり役に立つ。軽く手を添えているだけでほとんど道をトレースするし、急な車線への割り込みにも対応してくれるのでストレス軽減には役に立つ。

ただ、不規則に車線が消えていたり、トンネルに出入りしてカメラの露出がついていくまでの間は、下の画面の左下のハンドルマークが、ひっそりと黄色(アシストしてない)になっていたりする。アンアシストになるときもアラートは出ない。あくまで運転の主は人間で、車はアシストしているだけだからだ。

IMG_6024.jpg

自動運転の死亡事故があったテスラも同様のレベル2だ。俗にいう完全自動運転は現状では市販車にはない。(ちなみに歩行者を死なせてしまったウーバーは実験車だがレベル4の完全自動運転)

テスラの死亡事故は、逆光下でフリーウェイの中央分離帯に激突したらしいが、たぶんカメラの露出が追い付いていなかったのだろう。問題なのは、テスラは自動運転をユーザーにアピールするためのなのか初期の頃には画面での手動運転促しだけで、延々と自動運転で走ることができたらしい。なのでテスラユーザーの中にはシステムを過信している人が多いのかも。

なんでこんなことを書いているかというと、代車で乗ったCにも運転アシストがついているのだが、同じメーカーの同じレベル2なれど、Eとは別物といっていいアシストだでちょっと驚いたから。
IMG_6031.jpg
IMG_6032.jpg

かなりはっきりしている車線があっても車線を逸脱することがある。Eの感覚でいくと、アレっていう局面が何度も。高速では安定しているのかもしれないけど。。当たり前だけど、同じメーカーでも開発年度が違えば、センサーやプログラムの精度が変わってくるのだろう。

日経Automotivの2017.12の記事によると、市販されているレベル2の一部の車で同一環境で実験すると、ベンツEは平均作動率95%、スバルレボーグ93%、日産エクストレイル70%、AudiのA5なんて36%だとか・・。思ったより大きな差だ。

衝突回避ブレーキもメーカーによって雲泥の差があるらしいが、これはあくまで非常用。仮に非常時だとしても嫁ハンがミニで事故した時も適用範囲外でした・・・で済んだ。でも準自動運転は、平常時で使うものだし、一瞬で大事故になることもあるわけブレーキとは重要度が違う。

要するに何を言いたいかというと、来る電気自動車時代。積むバッテリーで運動性能は、ほぼ決まる。差がつくのは自動運転性能になるんだと実感。

うかうかしていると死んでしまう自動運転性能。車選びの基準が変わりますね。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
ドイツ車で問題になるのが、窓トリムの汚れ。

窓のアルミモールをわざわざマット仕上げ=表面が微細なデコボコにしているので、雨のミネラル分が付着して点々と汚れる。営業氏によるとヨーロッパは雨の質が違うそうなので問題にならず日本固有の問題らしい。でも、イタリアやアメリカでも水のミネラル分が多い地区は山のようにあるわけで日本固有の問題なワケないじゃん・・と睨んでいる。

しかも、この弱点は昨日今日わかったことでない。何十年も前から、ずーーっとそうで青空駐車のドイツ車オーナー共通の悩み。いい加減に対応してよ~と思うが、ドイツ人は決して自らの非を認めない。

国産のモールのように表面が平坦な材質にしておけば何の問題もないと思うのだけどね。

ついた汚れは、金属磨きで根気よく擦れば落ちるが、アルマイト加工も落とすことになるので腐食に弱くなる・・。クエン酸とかでこれまた根気よく擦れば綺麗になったこともあるが、普段、手洗い洗車などしないボクの場合は根本的解決法にならない。

キレイになるならズボラなオマエが悪いんじゃん。。。。いやそりゃそうだけど。

などとアジアの片隅で愚痴っても仕方ないのでシールを貼ることにした。
IMG_5816.jpg

看板屋さんやっている知り合いに頼んで貼り貼り。

Before
IMG_5811.jpg

After
IMG_5823.jpg

結構渋くなりました。
IMG_5824.jpg

汚れたら貼り直せばいいし。青空駐車のドイツ車は、新車の時にやっておけばめんどくさくないかも・・。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」