FC2ブログ
 


気候もよくなってきたのでヒサビサのバイク・・・。




ああああ気持ちイイ日だ・・とここまではヨカッタのだけど。
IMG_5689_20210224152925c0b.jpg

ナビが必要な時にスマホをバイクのハンドルのスマホホルダーにセットしている。もちろん、ガッツリ締め込んでいるし、ストラップをブレーキレバーに通して脱落防止しているのだが・・・
IMG_5700.jpg



iPhoneバイクから落下で車に魅かれてさあ大変




ホレこの通り。ガガガガーン。

経緯は、いつものダム湖の道を上機嫌で走っていると、トンネル出たところにかなりのバンプが。で、スマホがポロリ。一瞬ストラップで脱落が止まったが、次の瞬間ストラップがちぎれた!!急停車して、後続車に手を振って合図するも、時すでに遅し。

血相変えて手を振るボクを避けるためにセンターラインに転がっているスマホの近くを何台かの後続車が通っていく。轢いたぞ!祈る気持ちでスマホを拾い上げると・・・マイガー。どう見ても轢かれまくり。
IMG_5694_20210224152928d93.jpg

不幸中の幸いで、一応動作はする。画面が一部有機ELが欠けて見えないところはあるがデジタイザーは生きているようでタッチには反応。急いで、iCloudにバックアップ。LINEも引き継ぎ処理を。

会社の予備機のiPhone SE2をお借りしてデータを移行。一時間で復旧。
IMG_0282.jpg

SE2を使って今3日目だけど、正直コレで十分だ。画面と見比べても画面構成(7*4=28個のアイコン表示)は全く同じ。もちろん画面サイズ=文字サイズは小さいが、精巧なミニチュアを使っているようでなんだかカワイイ。動作もiPhone11と同じプロセッサでサクサクだし、ワイヤレス充電も電子マネーも十分使える。何より、最近のiPhoneはマスクをしていると使えないFaceIDでイライラするのだが、こいつは指紋認証のTouchIDで楽勝の起動だ。電池持ちは結構厳しい。普通に使うと一日の最後に省電力モードになることも。

iPhone SE2
S__37560335_202103011554249a8.jpg
iPhone 12 Pro Max
IMG_0185_20201126145230fa3.jpg

そして一番問題なのは問題なのはカメラの性能。13mm換算の超広角がないのボク的には痛い。ただし、iPhone8と同じカメラモジュールを使っているはずだけど写りは相当よくなっている。後処理上等のスマホ系カメラはソフトで写りが変わる。

まあボクは最近はスマホじゃなくてカメラを買う気でスマホを変えている。カメラメーカー受難の時代だ。

さておき、iPhone 12 pro maxはAppleCareに入っていないので修理代は実費。翌日ピックアップサービスにお願いしたけど、果たしてお幾らかかる事やら。

追記:
修理が帰っていたが\39,380でフロントディスプレイとカメラモジュールのモジュール交換。サイドフレームの傷はそのままだったので、連絡してみると、

なんとAppleでは機能面の修理はするが、外観の修理は行わないとのこと。

後学のためにカード系のショッピングプロテクト(購入後180日有効)が適用にならないか問い合わせしてみたがスマホは対象外。車に轢かれたので入っている損害賠償系の保険を駆使すれば補償を受けられるかもしれないが審査がメンドーなのでヤメタ。

今後は、我が家は家族内でスマホの使いまわしをしているので、素直にボクだけでもApple Care+ に入っておくべきだな。

Apple Care + に入っているとエクスプレスサービスという新品同等品(新古品)との交換サービスもあるが壊滅的な損傷の場合は、128,800 円 取られるらしい。何が壊滅的な損傷なのかは基準が明らかにされてないのでわからない。ムムム。





シェーバー電池交換に代替え




これはどうでもいいことだけど備忘でネタに。

シェーバーの電池が3日寿命に。製造日を見てみると7年前の製造。電池交換と刃を変えていると新品が買えそうなので、長らく使ってきたパナソニックから安売りになっていたブラウンへ。代々パナばかりだったので楽しみだ。
IMG_5648.jpg


旧型は破棄するのはまだモッタイないので電池交換を自前でやって出張・キャンプなどのお泊り用に使っていこう。

調べると楽天で電池が880円。ええそんなに安いの?

一応ホンモノらしき替え電池が届いた。これでニセモノってことはないよね。どうもパーツでとれば660円のお品らしいが、調べると工賃込みで3500円らしい。Oリング用グリスなどがない場合は修理依頼もまんざら高くないかも。
IMG_5649.jpg

ネジ7本はずせば簡単に電池にアクセス。電池周りはOリングが回って2重にパッキン。この辺はサスガ日本製。中国製だと、ネジは1本であとは爪で勘合する設計でしょう。で、下手に開けると爪折れして二度と組めないんだよね。
IMG_5651.jpg

生き返ったのでまたしばらくお世話になりましょう。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
2021邦夫年賀状


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


接触確認アプリをもっとPRすべきなのでは・・・




感染爆発の今日この頃。

50歳以上のハイリスク群は、検査の絨毯爆撃作戦
50歳未満のローリスク群は、経済を回すために注意しながらも普通に生活する自然治癒作戦

・・が望ましいのではないかとボクは思ってますし、以前ネタにもしました。だってローリスク群の人は、コロナではほとんで死なないのですから・・。

とはいえ、ローリスク群の人も自分は大丈夫ですから・・と感染を広げまくってはハイリスク群に飛び火するのは必然です。



COCOA利用率が4割+6割の外出自粛で感染半減——日本大学生産工学部がシミュレーション




という記事がインプレスのケータイWatch7/31に出ていました。
main_l.jpg

シュミレーションの結果、COCOA利用率が4割で感染者と接触したことを知った人が外出を6割の外出自粛で感染は半減するとのこと。スゴイじゃないですか!




「接触確認アプリ」開発の舞台裏とは――平将明副大臣ロングインタビュー




同じくインプレスのケータイWatch8/1には、副大臣の接触確認アプリのインタビューが。

抜粋してみました。

Q 中国の事例、かなり成功したと思います。もちろん私権の制限という見方もあり、プライバシーの問題は自由主義から避けては通れない話ですが、中国が成功しているとすれば、学べる点はありますか?

A コロナがあったからといって中国のような社会になるのは、国民のひとりとしてもまっぴらごめんなので、この仕組みにしました。日本流の“オプトイン/オプトイン”(インストールも報告もユーザー自身が決める)という基本線は曲げずに取り組んでいきたいです。


Q 陽性報告することが怖い、という声があります
A 義務、強制的にと一足飛びにすることはありませんし、後から変えることもしません。


Q 今後、アプリの利用を促進するため、何らかのインセンティブを付与するですとか、何か手段を考えているのでしょうか
A 政府から直接ということはありません。


ムムムム、ちょっとちょっと副大臣さん、なんでこんなに他人事なんでしょうか?

コロナで死んだ人にも私権優先すべきというのでしょうか?戦後最大の不況で経済死もこれから万の単位で出てくるかもしれない現状で、盆に向けて最大限に接触確認アプリのPRをすべき時期なのに、なんで「私権守ってるPR」なんでしょうか?国民の生命財産を守るのが国の最優先課題のはずです。個人の私権より優先するのが公共の福祉なんですが・・。


繰り返しになりますが、感染が半減するのなら、盆前の今すぐにガンガン政府がPRして接触確認アプリを義務化すべきです。

と言っても国民にインストールを義務化するのではなく、全ての、飲食店、劇場、宿泊などなど・・とにかく人が集まるところでは、印籠の如く接触確認アプリ見せないと入室できないようにすればいいのです。スマホなければ来店名簿記入。義務違反の店舗は、感染者が出たら店舗名公表すると発表。クラスターのトレースができないのだから店舗名公表はやむなしです。また、コロナ感染を知っていて自主隔離しないのは、HIV知っていて感染させれば「傷害罪」になるのと同じですから、そのことをしっかり周知すれば、この間あった病院抜けて温泉いくようなバカな真似はしないはずです。

法律の建てつけがどうだこうだという議論がすぐに出ますが、すべての私権に優先するのは公共の福祉ですから、この程度の私権の制限(になってる?)は行政訴訟になっても何の問題もないはずです。第一、誰が損するのでしょうか?客も店もWin&Winです。副大臣の人生哲学は傷がつくかもしれませんが。

このようにすれば、アプリの利用率は60%は優に超えるでしょうし、感染通知があったら80%くらいの人が自主隔離することは難しくないはずです。


そうすれば感染は8割減なんですけど。副大臣さん。
(日大正しければ 笑)


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


新型コロナ、日本で重症化率・死亡率が低いワケ




東洋経済ONLINEで、「新型コロナ、日本で重症化率・死亡率が低いワケ」高橋泰教授が「感染7段階モデル」で見える化という記事が出ていた。

うっすら皆さんも感じていると思いますが、いわゆる第二波というわれる状況は第一波とは全く違う。

3月の第一波。
3月末の陽性者の立ち上がりとともに重症者が立ち上がり4月の中旬には重症者も天井を打って医療機関を圧迫したのはご承知の通り。日本中が大騒ぎになったわけです。
2020-07-17 (2)


7月の第二波。
6月末から陽性者が増え始めているが2週間たって7月中旬を超えても重症は立ち上がらず。
2020-07-17 (3)

高橋泰教授は・・
発表されている数字はあくまでもPCR検査で判明した「PCR陽性者判明数」であり、正確には「感染者数」ではない。もちろん「発症者数」でもない。特に若年者の場合、PCR陽性者が発症する可能性は低く、多くが無症状・軽微な症状で治ってしまう。また「数十万人が死ぬ」といった予測は、新型コロナウイルスについての前提が間違っていると考えている。

PCR検査でどこから見ても元気な人を捕捉することには大きな問題があると考えている。PCR検査はコロナウイルスの遺伝子を探すものなので、体内に入って自然免疫で叩かれてしまい他の人にうつす危険性のないウイルスの死骸でも、陽性になってしまう。発症可能性がゼロに近い抗体陽性者でも、再度新型コロナウイルスが体内に入った時点で検査を行えば陽性になる。


氏は日本は、欧米とは(BCGかもしれない)自然免疫の差が大きな重症化率の差になるのではないかと述べている。
自然免疫力。自然免疫で治る人の比率が欧米より日本人(アジア人)のほうが高く、その結果「軽症以上の発症比率」が低くなるが、抗体陽性率も低くなる。自然免疫力(特に細胞性免疫)の強化にBCGの日本株とロシア株が関与した可能性は高いとみている。


また
「(暴露した人の)軽症以上の発症比率」については、自然免疫力が標準分布と仮定し、シミュレーションの結果を当てはめると、自然免疫で処理できる率が日本人は98%で、対応できないのは2%ということになる。

日本ではこれまでのところ、人口10万人に対し0.8人が亡くなっている。われわれは自然免疫の存在を重視しており、それを前提としたシミュレーションでは、新型コロナウイルスが現状の性格を維持する限り、どんなに広がっても10万人中3人以上、つまり全国で3800人以上死ぬことはなさそうだというのが、結論の一つだ。

一方、人口10万人に対して16人、全国で2万人強が自殺で亡くなっている。過去に景気が悪化したときは3万人を超えて10万人当たり24人になった。そうであれば、10万人対比で見て、新型コロナによって2人亡くなるのを防ぐために、景気悪化で8人の死者を増やすのかということになる。対策のメリットとデメリットのバランスを考えないといけないのではないか。


詳細は、リンクから直接読んでいただきたいが、その通りだとボクは思った。

とりあえずは、国がつくった接触確認アプリや、自治体が用意しているQRチェックインアプリをちゃんと使って(使ってない飲食店や宿は感染者が出たら名前を公表して)リンクを追いクラスターをつぶすのでいいんじゃないですかねぇ。

それに、今はPCR陽性者数に一喜一憂するんじゃなくて、重症化数を参考に施策を決定するようにしていくべきじゃないですか?インフルエンザだって症状が出た人が病人です。

コロナの強毒化への変異には十分注意しつつも、氏のシュミレーションだと、今のままだったら毎年のインフルエンザと同程度の死者数です。戦後最大の恐慌になる理由はないはずです。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


アビガンその後




メディカルトリビューンに「アビガン中間報告、有効性は慎重に解釈必要」と。

軽症で87.8%、中等症で84.5%が改善しているのだから緊急認可してもいいんじゃない?と素人は考えるが難しいらしい。


一方、ブルームバーグでは、ロシアの試験は330人の患者のグループで60%の治癒率は対照群の30%と比較して「有望」という報告も。ブラインドではないようですがプラセボを投与した対象群との比較の結果らしいです。


また、「世界がモヤモヤする「日本の奇蹟」を裏付ける"国民集団免疫説"…京大教授ら発表」

論旨は、日本は欧米諸国に比べて人口あたりの死亡者が少ない。中国からの入国制限を禁止するのが遅かったので、コロナの弱毒のS,K型にさらされて世界で猛威をふるった強毒のG型にも集団免疫をすでに獲得している可能性がある・・・というもの。

もし、この論文が正しいならば、日本でアビガンの治験をしても、はっきりした成果が出にくいかもしれません。


第一波は収束に向かってますが、秋から第二波という話もあります。ワクチンと治療薬についてはワープスピードで見通しをつけて欲しいところ!です。





厚生労働省はコロナ対策でICTちゃんとやってます!・・。



と、ダイヤモンドプリンセス号で陣頭指揮をとられた厚生労働副大臣の橋本岳先生が、ブログでアナウンス。この先生はダイヤモンドプリンセスの時も反論文書いておられた。橋本龍太郎先生のご子息らしい。

興味がある方は上のリンクから内容を確認されるといいが決してICTで劣っているワケではないとのこと。

どうでもいいことなんだけど、いや違う・・・感があまりにしたので一応ブログネタへ。

例えばこれは「新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム」G-MISの入力画面(?)らしい。最後に、ネットのフォームまたはFAXで報告してくださいって書いてあるのはサテオキ。
2020-05-25.jpg

これ入力するのメンドーでしょうね。現場のドクターは疲れ果てた後に、こんな報告すんのイヤでしょうね。このシート下も延々続きますから。

それに、これなら、サイボウズなんか使わずとも、クラウドドライブに、エクセルシートを置いて共有かけるだけで実現できます。サイボウズの人もエクセルシート見せられてこれICTにして!とか言われて困ったと思います。



先生、ICTとは、手作業集計の報告先を、FAXからPCに換えることじゃないです(爆笑)




データを用いて新たな科学的および社会に有益な知見を引き出そうとするエンジニアをデータサイエンティストと言います。ビッグデータをAIとかを駆使して分析する科学者です。

今回もドコモとかがスマホのGPS情報や定点カメラの分析で人手が8割削減になったどうか数値を出していましたね。

この集計のことをいうならば、彼らなら、公費・私費は別としてどんな治療にも費用が生じるワケですから電子カルテをクエリー組んで集計すると思います。データに新たなフィールドはいるでしょうけど。

厚生労働省は、緊急事態時は、指定された病院の指定された災害・疫病の患者の電子カルテを日々送信することを通達すれば(できれば義務化する法律一本書いて義務化すれば)いいのです。じゃないとお金がもらえないようにするのです。

もちろん、保険証番号とマイナンバーが紐づいていないとか、国保・社保に月単位でレセプトを電送する仕組みはあっても、電子カルテを電送する仕組みはないとかイロイロ問題はあるでしょう。しかし、電子カルテのソフト屋さんがちょっと残業すれば簡単にできるはずです。ボクは詳しくないけど、すでに地域包括ケアのために情報共有の基本的な仕組みはすでにあるワケですよね。

仮に、情報共有の障壁があっても、今後の様々な災害対策を見据えて、マッハで、いやワープで障壁を取り除くべきです。法律が整備されてないなら、賭けマージャンなんか放っておいて、議員立法で強行採決するばいいですよ。少なくとも中国、韓国、台湾なら同じ問題を抱えているなら数週間で解決するはずです。





政治家主導とは政治家が現場を仕切ることじゃないと思います




東大の法学部出た人は、立法のエキスパートかもしれませんが、データーサイエンティストではありません。

民間にシステム組んでもらうべきです。ただし、NECとかFujitsuとか以外で。彼らが組んだマイナンバーカードの馬鹿げた複数の電子証明書やパスワードの責任はとってもらうべきです。株や銀行はパスワード1~2個で何千万でも動かすことが現にできてるワケでしょう。クレジットカードは、裏表の数字で買い物ができるワケでしょう。たった10マンもらうのに自治体ではマイナンバーカード使ったオンライン申請より紙の申請をオススメしますという始末です。

今回露呈した政府のICT化の問題でいうならば、若い頭の柔らかいデーターサイエンティストに任せて、彼らが必要を思われることをすぐに実現するために、場合によっては公益優先で超法規的措置を指示したり、今後のために法律を書くのが政治家主導だと思いますよ。橋本さん。

でも、秋に第2波来るかもしれませんが、たぶん何も変わらないのでしょうね。危機管理庁の設立なんて夢のまた夢だろうな。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」