FC2ブログ
 
最近、複数の友人からキャンプを始めようと思うんだけど・・という相談を受ける。ならば・・ということでブログにアップ。いわば私的通信なのでアシカラズ。10月末までに注文すればナチュラムでは表示価格から5%オフです。

テーブル・イスは、スタイルで決まります。

ロースタイル・・チェアにリビング(ロー)テーブルを組み合わせリビングスタイル。
         ゆったりノンビリできるが、食事や作業にはどちらかというと不適。最近の流行。
ハイスタイル・・チェアにダイニング(ハイ)テーブルを組み合わせダイニングスタイル。
         食事や作業には適しているがゆったり感は劣る。

どちらでも対応できるのがお勧め。しかし、テーブルは好みがあるので無駄にならないサイズ・価格でまず1個そろえて次を考えるといい。

■テーブル
Coleman(コールマン) イージーロール2ステージテーブル6
Coleman(コールマン) イージーロール2ステージテーブル6

天板がアルミで水に強いがロースタイルにした時に30cmで少し低い。37cmは欲しい。




Coleman(コールマン) 三折テーブル
Coleman(コールマン) 三折テーブル

これならローで37cmだけど天板が水に弱い。また、3つ折りは大きい。




Coleman(コールマン) フォールディングテーブル6
Coleman(コールマン) フォールディングテーブル6

2つ折りでいいんだけど、なぜかローが30cm。




ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル

ロースタイルの定番。これを人数分買って、ここで調理して煮炊きして食べるってスタイルの人もいる。組み合わせ自由で、集めてダイニングテーブル、ばらして焚き火(コーヒー)テーブル。




■チェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) デラックスアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) デラックスアームチェア

ダイニングスタイルメインならこれ。しかし、ハイバックではない。




小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ハイバックアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ハイバックアームチェア

食事する高さもありなお背もたれも首をのせることができる高さがある。が今シーズンはナチュでは在庫なし。楽天もヤフオクも。



小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) リラックスアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) リラックスアームチェア

これになるとさらにハイバックかつ座面が低くローポジション。




チェアは小川(かその仲間のコールマンリラックスチェア)がいいのだが今期は無理っぽい。ベンチでも買って翌シーズンで購入がお勧め。ベンチは荷物置きに必要なので無駄にはなりません。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
熱源を何にするかが問題。

○カセットガス・・安い(1本250グラムが100円以下)が低温時の火力が問題。ボンベを温める機能があればキャンプ用ガスと遜色なく使える場合もあり。
SOTO カセットガスST-700
SOTO カセットガスST-700

おなじみの・・どこでも買えます。100キンでもコンビニでも。




○キャンプ用ガス・・イソブタンなどを混入して低温時に強いガスもあり。値段は高い(1本500グラムが700円程度)入手性が多少悪い。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レギュラーガスカートリッジCS-500
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レギュラーガスカートリッジCS-500

ホームセンターにはありますがスーパーだと入手困難。




○ホワイトガソリン・・低温時でもしっかり燃えて高火力。が、ガソリンに圧力をかけて気化させるポンピング作業などは必要。
Coleman(コールマン) エコクリーン
Coleman(コールマン) エコクリーン

高くなりました。また下がるのかな。




複数を熱源として持っても構わないが荷物は増える。統一するのが賢い。



■カセットガス熱源
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X

ブースターあり。そんなに明るいわけでもありませんが、まあ十分。最近はこれがメインになっている。




イワタニ産業(Iwatani) カセットフー BO-
イワタニ産業(Iwatani) カセットフー BO-

見た目、気にしないのならコレ。低温でもきちんと高火力で燃えます。少々の風でもへこたれません。また副次的に、ダイニングテーブルの上で使いますから、バーナースタンドもキッチンテーブルも必要なしというメリットもあり。荷物が激減します。何より嫁はんが自分で出して火つけて片付けるので楽です。2バーナーとかだと、出すのもポンピングも旦那の仕事に。



SOTO レギュレーターストーブ
SOTO レギュレーターストーブ

2バーナーあった方が何かと便利です。フーボーとこれ。これも低温時にキレイにカセットガスを燃やします。




■キャンプ用ガス熱源
Coleman(コールマン) 2500 ノーススターLPガスランタン(ケース付)
Coleman(コールマン) 2500 ノーススターLPガスランタン(ケース付)

定番。問題なし。お近くのアルペンで世界最高3000ルクスランタンってのを買うのもOKです。すごく明るいです。



Coleman(コールマン) パワーハウスLPツーバーナー
Coleman(コールマン) パワーハウスLPツーバーナー

これも定番。全く問題なし。薄い。使いやすい。秋口のキャンプでもしっかり燃えます。最近2折りもあるようですがこれで十分でしょう。風の時は風除けを風上にむければ問題なしです。机上において鍋したりできないのは残念。





実はキャンプ用ガスボンベにカセットガスを充てんしたり、キャンプガス用器具にそのままカセットガスを接続するアダプターもあり、自己責任!!がとれる方はそのような手もあり。


■ホワイトガス熱源
Coleman(コールマン) パワーハウスツーバーナー
Coleman(コールマン) パワーハウスツーバーナー

定番中の定番。大きいのが難点。壊れません。壊れても補修部品が販売されてるのでほぼ永久的に使えます。ポンピングなどがメンドくさいといえばくさい。キャンプ自体が目的の時はいいけど、カヌーやトレッキングが目的になるとWGはちょっと持って行かなくなる。




Coleman(コールマン) ワンマントルランタン
Coleman(コールマン) ワンマントルランタン

文句あるかの286。コールマンはランタン屋さんです。安定感がありフツーに明るい。





2バーナーをかったらバーナースタンドが必要です。バーナーは普通タープ外に置くので、作業がし易いようにキッチンテーブルが必要。その横にはクーラーで、クーラースタンド・・ってな調子で荷物が雪だるま式に増えていきます。・・でもそんなスタイルがキャンプムードなのでその辺はお考え方次第です。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
これこそキャンプグッズの中で最大物なので予算とキャンプへの本気度次第。
お試しで初めてステップアップするか、最初から無駄なくいいものを買うか。大きな問題です。

■初めからいいもの・・コース
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ティエラ5≪オリジナルサイドラック+ソフトラグマットプレゼント!!≫
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ティエラ5≪オリジナルサイドラック+ソフトラグマットプレゼント!!≫

自分も使っています。1つでスクリーンタープ(リビングルーム)とテント(寝室)の役割を十分果たします。テント内で普通に立てるし快適です。


スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ5LX
スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ5LX

スノーピークは小川に比べてスタイリッシュです。コンパクトで締まったシルエットなので風雨には強いのですが、室内の余裕はズングリの小川の方が上です。前室は小川ほど広くないので十分なリビングルームはとれません。タープ併用が必要かも。



EUREKA(ヨーレイカ) シンドーム6SV
EUREKA(ヨーレイカ) シンドーム6SV

今ナチュラムチェックしているとこんな出物もありました。「インナーテントの天井は全面メッシュパネルを装着。」の記載が気になります。US製はメッシュのままでクローズできないものもありますので確認は必要。でもヨーレイカは格好いいですよね。前室は小川ほど広くないと思われます(これは見たことないので推定)のでタープは別途必要です。



■ステップアップコース
Coleman(コールマン) コネクティング ドーム システム+【リバーシブルテントランタン7w】セット
Coleman(コールマン) コネクティング ドーム システム+【リバーシブルテントランタン7w】セット

ご存じ定番コールマン。キャンプ場ではこのコールマンカラー一色、いわば保護色のよう。目立ちませんが、恥ずかしくもない。十分といえば十分。



あとはテントだけ買ってタープはヘキサタープという作戦もありです。
Coleman(コールマン) BCキャノピードームプラス
Coleman(コールマン) BCキャノピードームプラス

これとかに、




Coleman(コールマン) ヘキサライトタープ
Coleman(コールマン) ヘキサライトタープ

これとかだと最安コースです。これからのシーズンは寒いですけど。






■変わり者コース
ロゴス(LOGOS) コテージテント 4030G
ロゴス(LOGOS) コテージテント 4030G

鉄筋ポールのロッジ型。なんといっても居住性がいいし、スクリーンタープ+テントの役割を果たします。重いのが難点ですが、タープ+テントよりは軽いので、ロッジという絶滅危惧テントが逆にイーじゃんと思うのならベストチョイスです。一度使えばロッジのトリコ。実はこれが一番お勧め。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
寝袋は低温対応であればあるほどいいです。暑ければ、チャックを開いて敷き布団として使用して上はタオルケットで寝ればOK。

もちろん、予算に余裕があれば羽毛(パッキングが小さくなります)、別にコダワリがなければ下あたりがおすすめです。最初は安いのでいいと思います。

ロゴス(LOGOS) ネオスベーシック2
ロゴス(LOGOS) ネオスベーシック2






予算があればダウンがそりゃいいです。
スノーピーク(snow peak) セパレートオフトン600#6
スノーピーク(snow peak) セパレートオフトン600#6






マミー型いいのであればモンベルのスーパーストレッチ。#1か#2でしょうか。


あとはキャンプマット。実は睡眠は寝袋よりこれで決まるといっても言い過ぎじゃないと思います。
銀マット(風呂場マットみたいなもの)は、痛いです。
ロゴス(LOGOS) エアウエーブマット・ダブル
ロゴス(LOGOS) エアウエーブマット・ダブル

私自身はこれは使っていませんが、友人は絶賛。確かによさそうでした。中にスポンジが入っていて栓を開けると空気が入るインフレータブルマットもありますが、これで十分のような気がします。


夏場はコットが涼しいです。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
SANY0062.jpg

先日のキャンプ時に、前回と同じエントランス、エアコン側のクロスに浮き出しが。前回より成長している。
ゲゲゲゲ・・・!往復800kmの道のりを取りに来てもらって直したはずなのに・・・。

エアコン排気口のフタは開けてないし、ドレーンにも水は溜まってない。夜半から雨が降りだし朝一での確認なのでエントランスの開け閉め時に水が浸入した訳でもない。

早速、営業の新川氏に連絡。メンテ部隊の人たちとMtをとってくれたとのこと。

「エアコン・ドア回りからの漏水は、何度もテストしているのでまず考えられない。湿度によりクロスの伸縮があり、クロスの貼り方不良の部分にシワが出てくるのだろう。クロスの張替をさせて欲しい。メンテメンバーをそちらに行かせる」・・とのこと。

11月はクレソンフル回転予定なので、「漏水でないのであれば、四国方面に納車・メンテのついで時に直してもらったので構わない」・・ということにした。

キャンカーは、家・・なのでマイナートラブルはつきものと聞いていたので、四国の田舎ではメンテが心配だったのだが、ナッツは数百キロの距離をものともせず対応してくれる。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
SANY0057.jpg

愛媛四国中央市の森と湖畔の公園オートキャンプ場に友人家族3組とネオクレソンでお出かけ。とにかくノンビリしようというキャンプだったのだが・・やはり雨。週末、愛媛地方はズーと雨です。

初日は3時での全員集合。人数も多いのでサウスフィールドのロッジスクリーンを2連結。鉄筋ロッジなので、重さがネックですが、サクサク鉄筋組み立てできて、被せるだけ。居住性の良さではどんなテントより上です。全面フルオープン、メッシュ、クローズと変幻。絶滅寸前のロッジですが、見直されてもイーと思いますけど。

日が暮れてガスヒーターを焚きながら(換気十分しています)食事。後、焚き木タイム。とここまでは良かったのですが、翌日はシトシト雨。

初日はノンビリして2日目はバス釣りでも・・というようなプランでありましたが、残念。

クレソンの雨漏りも再発して、これまた残念。

仕方なく帰りに立ち寄ったスポーツオーソリティー(只今全品15%オフ)で買った子供用のマミーシュラフがホツレテいて、これまたまた残念。

チーン・・合掌。



11月の連休は気合いれてこー。


森と湖畔の公園は、小規模ながら愛想のいい管理人さんがいるキャンプ場。バス釣りも、カヌーもコジンマリ楽しめます。10月末までで冬はクローズとのこと。詳細は以下。

powered by まっぷるnet


ロゴス(LOGOS) コテージテント 4030G
ロゴス(LOGOS) コテージテント 4030G

絶滅寸前のロッジテント。いつなくなるかわかりません。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
SANY0060_20081023180532.jpg

先日、大雨の中で雨漏り発見。エントランス横のエアコン右下。クレソンは一体ボディーなので雨漏りは問題が少ないと聞いていたが触るとブニョブニョしている。写真ではわかりにくいがかなりの浮き出し。

早速、NUTS営業の新川氏に連絡をとったが、一度見せて欲しいとのこと。1週間後に、なんと福岡本社から愛媛まで、はるばる片道約400km強を取りに来てくれた。点検の上、1週間後に納車。

ドアまわりの防水には異常なくエアコンの排気口から強い雨が入ったら内部に漏水する可能性があるとのこと。対策をしてくれたとのこと。

ナッツは信頼おけるビルダーですね。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
SANY0060.jpg

ゼビオ(@愛媛松山)に寄り道したら、旧モデルですがユニのチェアが2880円。友人のガタパウトチェアに座ってモモの裏の圧迫感が気になっていたので、同スタイルのこのチェアにはあまり興味がなかったのだけど、アウトレット価格にクラクラ。2脚買ってしまいました。

座り心地は・・確かに収束特有の圧迫感はあるのだが、サイズが小さめなので逆につつまれ感といえるような不思議な感じ。股を開いてダラッはできないが、足を組んで深くすわれば結構リラックスできる。

また座面が高いので子供用としても十分使える。先日買ったばかりのコールマン リラックスチェアが夫婦用、ユニチェアが子供用として活躍しそう。1脚2kg弱はクレソンに常備する予備チェアとしてもヨカタ。



ユニフレーム(UNIFLAME) REVO チェア
ユニフレーム(UNIFLAME) REVO チェア



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
やっぱりアウトドアというと豪快にダッチオーブン料理・・ってな思い込みがあってローストチキンに凝りました。みんなおいしいと食べてくれるが、一人かなり忙しい思いをすることになる。一番困るのが酔ってする後始末。そのままにしておくと朝起きると錆びてますもんね。

Coleman(コールマン) ダッチオーブン12インチ/ケース・リッドリフター付
Coleman(コールマン) ダッチオーブン12インチ/ケース・リッドリフター付


一番最初にかったコールマン。ロッジでないとな・・って人がいますが、店頭にあったロッジはどれも蓋がガタガタ。コールマンの方がちゃんとしてるって思うのは私だけ??



耐熱陶器製キッチンダッチオーブン セラ・クッカー
後始末がいやで探したのが、コレ。いいですよ。お勧めです!陶器なので錆びません。当たり前ですがローストチキンもフツーにできます。そのままおいておいて、翌朝、残りでチキンスープもできます。手入れ楽々。冬場に鍋しても油が浮きません。カレーも、ご飯も臭いつかずに炊けます。家でも全く違和感なしに日常使いができます。重さも土鍋程度。
問題は・・・割れます。不注意で蓋を割ってしまった!!残念。今はアウトドア土鍋化。


ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン 10インチスーパーディ―プ+【ダッチオーブン用ササラ】セット
ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン 10インチスーパーディ―プ+【ダッチオーブン用ササラ】セット

ダッチオーブンは、もういいかな・・と思っていたのだが、昨年、展示品半額だったので買ってしまったユニのダッチ。実はまだ使ってません。使ってる友人に聞くと完全に錆びないわけではないとのこと。まあ鉄ですから。

G’z G-ステンレスダッチオーブン
G’z G-ステンレスダッチオーブン

パーフェクトダッチというと、ステンレスしかないのでしょうね。しかし、鍋に2万近くって・・と思う私はダメですか。しかし、冷静に考えると私も最初からこれ買っておいた方が安上がりだったみたいです。ああ馬鹿馬鹿。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村

デジカメ

Category : カメラ

PICT2863.jpg

キャンプ・カヌーでは、SANYO Xacti DMX-CA65 を使っている。2世代前になるのかな?現行は DMX-CA80。

デジカメは、いろいろ使ったが結局、ディスプレイで見るか、L版プリントがほとんどで、せいぜいインクジェットでA4に伸ばす程度。凝った写真を撮ろうとしたこともあったがキャンプの時は自分自身が楽しみたく写真は二の次。1000万画素なんて必要ないと思っている。それとムービーが(mpeg4で)とれるのもいい。このXactiは、手持ちのSONYハイビジョンビデオより綺麗な静止画がとれるし、手持ちのオリンパスデジタル一眼よりちゃんとしたムービーがとれる(つーか普通はデジイチでムービーとれない・・ニコンから出たみたいだけど)。ビデオかデジイチどちらか1台もっていくより役に立つ。ビデオとデジイチを2台は重くて持ち歩かない。

軽くて首からぶら下げておいてパカッと開けてムービーも写真も、濡れながら撮影できるこの機種は結構気に入っている。パカパカとってPCでムービーや写真再生してガハガハ笑う。

ここ5年で、相当数のデジカメを買った。嫁はんが見そうなので詳細は書けないが、半年に1台ペース・・・で、結局使っているのはほとんどこのXacti。

新し物好きとはいえ、馬鹿としかいいようがない。ペンタの防水28mmは気になってますが・・。





▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
SANY0056.jpg

普段は革靴なのでオフではリラックスした靴が好きだ。

06年の始めに買ったCROCS「クロックス」は、最初の年はすごいマイブームでオフの日は、春夏秋冬ほぼ毎日履いていた。

クロックスと言えばやはり夏。夏と言えば水遊び。ディンギーに乗るときには、つま先が隠れていないとぶつけて痛い思いをすることがある。アクアシューズなどもいいが、底が薄く、家から5分かけてドーリーで海岸までいく道のりがツライ。そしてアツイ(底もアッパーも)。

で、もってこいなのがクロックスと思われたのだが、濡れたコンクリートでは滑りやすく、砂が噛みやすいという欠点があった。

クロックスと同時期に買ったのがマイオン。遅れてキーン。

キーンのヨギは自分的には硬い。フットベットもアッパーも硬い。疲れる。おもしろいのでバンブー柄にしたが、これがはげる。

マイオンは、後ろがあると踵が痛く、ないモデルにしたが、これが一番、疲れず、滑らず、砂が噛まない。ただ、後ろがないので下手すると脱げる。まあこりゃヨギもおんなじ。

ネットで調べてみると・・

Keen「キーン」のブランド名は、デザイナー兼創業者であるマーティン・キーンに由来している。元々、トミー・ヒルフィガーやノーティカなどでシューズデザイナーとしてキャリアを積んでいた人物。その彼が「キーン」では実現できなかった水陸の過酷な条件下において、最高の機能性を発揮するシューズを必要とする人々のために、最高のフットウェアを創りたいとの探究心から生まれたmion「マイオン」。

・・らしい。自分は小舟で水遊びするだけなので、全く最高は求めてはいないが、なるほどマイオンの方がシックリくるわけだ。

しかし、どうやらマイオンは08シーズンで販売を中止したらしい。キーンを辞めてティンバーと共同でマイオン社を設立していたらしいのだが、どうやらマーティン・キーンは人と組むのがお嫌いらしい。

夏はクロックス、冬はメレルのジャングルモックがキャンプサイトでは今もマイ定番ですが、どちらも類似品の嵐で恥ずかしくなってきた。特にクロックは例のエスカレーター事故で履いていると子供が心配する始末。

マーティン・キーンさん、来年は、お一人だけでブランド立ち上げて甲高の私にも、ぴったりのシューズを作ってください。三度目の正直で大成功すると思いますよ。アジアの片隅からお祈りしております。

ちなみに・・おまけで写っているのがクロックスのアクスル。雨のキャンプ用に購入。しかし、これは失敗。クロスライト(クロックスの樹脂)が柔らかすぎて、アッパーの皮とのつなぎ部分が痛い。おまけに、滑る。おまけに、特売で3990円で購入したが、ネットで見たら定価が3990円だった。ヒマラヤの嘘つき。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
友人のYくんが主催する久万高原JAZZピクニック。

Yくんの出身地である愛媛県久万高原町は・・平均標高が800mの高原のまち。温暖な愛媛の中で珍しく夏は涼しく、冬はスキーも楽しめます。人口1万1千人弱の小さなまちですが、四国の軽井沢と呼ばれる私たちのふるさとには、最近、週末ごとに里山暮らしを楽しむ方や、ご家族で移住してこられる方が増えています。
(f'm久万高原町HP)


・・で今年も行ってきました。JAZZピクニック。豊かな久万の自然の中でキャンプをしながら、マッタリJAZZを楽しむというコンセプトでYくんが発案・企画・実行しているイベントなのだが、出演者交渉から会場設営、運営と大変な労力。頭が下がります。Yくんスタッフさんサンクスです。


初日は子供の運動会と重なり滑り込み。BBQの準備や会社のメンバーの迎え入れでバタバタ。とはいえ、先行して入場していた友人YHくんにメンバー用のティエラやスクリーンロッジを張ってもらっていたので楽勝。
そりゃテントはってスクリーンロッジの前で薪をしながら聞くJAZZは最高。コストコとから買ってきたXXXXビールで満腹になりながらワイン。ティファニーさんの顔がぼんやりなり始めたら仕上げのデザート。久万・松山の名店も多数出店していてケーキやカクテルを買えます。寒くなったらスクリーンロッジの中でヒーター焚いて(換気は十分しています)2次会。・・爆睡。

IMG_0505.jpg

2日はJAZZイベントと、うって変って自然と親しむイベント。久万材を使った足踏み台づくり、手打ちうどん作り、ネーチャーウォーキングどれも、楽しそう。ワタシは、どれも「イッっておいで・・」と人を行かせてコーヒー片手にグウタラを満喫。下は撤収前の3葉。今後はブログするならちゃんと写真とります。スミマセン。

SANY0026_02.jpg
SANY0030_20081018091600.jpg
SANY0052_20081018091613.jpg




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
クレソンに乗るようになり、キャンプグッズの軽量化に努めてきた。

なにせ、ガソリンだから一度エンジンの回転数が落ちると坂上らないし、かと言ってマニュアルじゃないのでこまめにシフトチェンジして高回転域をKeepするということもできない。3tを超える車重なのでタイヤのバーストの問題もある。
これは、単なる軽量化ではない。命がけの軽量化だ。・・と信念にも似た思いで軽量に邁進していた。

P9211674.jpg

Coleman(コールマン) ピクニックベンチセット
Coleman(コールマン) ピクニックベンチセット






・・でクレソンでは、デスク・チェアはこれを中心に使ってきたのだが・・

先日、「JAZZピクニック」 という友人の主催するジャズキャンプイベントに行って、アルコール片手にやはりマッタリJAZZするには、ベンチシートじゃダメ・・と0.1秒で、あっさり心変わり。



その場で、こんなチェア(ばったんと倒れて気持ちイー)を友人のYHくんが使っていたりで、イスイスイスそれもマッタリ系ハイバックチェアのマイブーム。ところが、時すでに10月中旬。ショップにもないんですね。YHくんから、コールマン イージーリフトチェアがダイキというホームセンターで特売になっていたとの情報で行ってみましたが、スチールフレームの廉価版。別にスチールでもいいんだけど、1脚6kg強の重量はロゴスの軽量スクリーンタープに迫る勢い。2脚持ってレジに行こうとしたが、13kg近くをクレソンに載せるのか・・と軽量化信念を思い出し没。

ハイバックチェアというと小川のチェアが以前から気になっていたので、早速、ナチュを確認。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) デラックスアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) デラックスアームチェア

食事するにはこれらしい。しかし、ハイバックではない。これじゃ手持ちのコールマンやスノピと同じだ。



小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ハイバックアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ハイバックアームチェア

おお、名前からハイバック。食事する高さもありなお背もたれも首をのせることができる高さがあるらしい。おお・・これがいいじゃんか。と思いきや、今シーズンはナチュでは在庫なし。楽天もヤフオクも。げげげげ。


小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) リラックスアームチェア
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) リラックスアームチェア

これになるとさらにハイバックかつ座面が低くローポジションらしい。汎用性を考えてこれは没。



しかし、なんで似たようなイスを3種類も作るんだ。ややこしいぞ、小川。しかも、一番適切なサイズがなんで限定生産で売り切れ続出なんだ。おい、小川。(来年は可変高の新型が出て、こら小川と皆が突っ込みそう 推測)

こりゃ来年でイーワとか思っていたら

コールマン イージーリラックスチェアをアマゾンで発見。ハイバックアームチェアに似たサイズ。おまけに5480円(ベージュ)・・小川は7000円。おまけにアマゾンなので送料無料。もういっちょおまけに3kgで収束だ。

しかし、これはどうみても小川のOEM。これで単なるマネなら相当問題あるんじゃない?ちらっとナチュの口コミあたりはチェックしたけど、小川と同じなんか、違うのかは結局、不明。もちろんシート生地は100%違うけど。小川の方が座り心地がいいという人がいれば、逆もいる。小川の方がカッコいいしテントと揃うが、それも嫁はんに言わすと、ふんっと消し飛んでしまう差。

ポチッと行きました。

追記:10/16残念ながらアマゾン売り切れ






▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
ヒマラヤで展示品で半額だったユニフレームのランタンUL-X。クレソンになってカセットガス化を進行中なのでユニフレームはかなり気になるメーカー。半額タグみて、これ幸いと購入。ユニって普通安くなりませんし。

SANY0151.jpg

メイン はサウスフィールドの3000ルクスランタンなんだけど、これにもカセットガスアダプター(自己責任)を購入。カセットガス化が完了。
P9181650.jpg

これです。自分的には画期的ランタンです。


サブはColeman Frontierなんだけど、残念ながらこれにはアダプターが装着できない。なので、今回のユニはサブで持って来いだった訳。
P9181657.jpg

さて肝心のパワーブースターの効果ですが・・もう少し気温が下がらないと不明。

もうランタンは買いません。誓います。


追記:これは確かにおススメ。友人にメインランタンを取られてこのサブだけで1晩過ごしましたが、ほんとに気化ダレなし。かつ、女性でもオンオフできてランニングコストが低い。
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
最近クレソンにつけたクラリオンのNX308は、最近のナビらしくPCとの連携が売りのナビ。地点、ルートなどの情報がSD経由でPCとやり取りできる。

興味があったのがGPSロガーみたいに軌跡をSDに書きだせるということ。早速、大阪に行ってきたので情報書き出しをしてみる。ナビに保存されるのは1000ポイントまで。ポイントしていく距離を選択できるが200mでは200kmまでしかログされないので500m=500kmに設定。これでもロングツーリングでは途中でSDへ書き出しが必要。むろんGPSロガーと比べて長持ちするが、車載でバッテリーもメモリも余裕があるんだから、もう少し余裕があれば・・。

SDに書きだした上で、クラリオンのチズルとススムというサイトからデータを吸い上げる。軌跡表示させてガッカリしたのが下の様な画像が一枚表示されるのみ。拡大・縮小もできず、走行距離や平均車速もなし。いうまでもなくフォトロケーターなんてなし。これでは、ハイウェイマップに、マジックで通った道を書くのと何も変わらない。

ならば、グーグルマップにでもデータ移動してみようとあれこれやってみるのだが、未だ解決できず。調べてみると各メーカー毎(メーカーでも機種毎)にスポット情報のファイル形式が異なりここのHPを始めとして変換ソフトを作っておられる方もいるが、かなりヤヤコシイ。ニーズがないのか新しいからかNX308対応ソフトはない!!

だいたい、ハードメーカーの販売促進のためのWEBサービスは、サービス停止になることが多く、チズルとススムくんもかなりアヤシイ。クラリオンさんチズルとススムくんやめる時は、データコンバーターくらいは用意してください。お願いです。

しかし、

各ナビメーカーさんポイントデータの形式くらい統一しませんか。独自形式を貫いても、どうせネットサービスで収益を上げることはできませんよ。統一してサードパーティーに門戸開いたら大挙して参入してきますよ。その方が収益が絶対あがりますって。


2008-10-05.jpg
2008-10-07.jpg

ナビもIT機器化しているって雑談でした。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
何とはなしにナチュラム見ているとパタゴニア ダウン セーターベストが43%OFF。ザ・ノースフェイス Light Heat Jacket も40%OFF。

温暖化の影響か西日本では真冬でもダウンを着て外出すると暑いことがある。2シーズン前にモンベルのインナーダウン(というかライトダウン??正式名不明)を買ったが、Tシャツ程度の重さなんだけどフィルパワー800という高品質ダウンでポカポカ。シェルはバリステッィクナイロン(?)でしっかり。で1万ちょい。私的には画期的アウター(というかほんとはミドラー)だった。以来、インナーダウン系の商品見ると立ち止まってしまう。

この2つもそう。ついつい買ってしまった。ナチュのカード番号漏えいで2枚も再発行したが、お詫び5%OFFの恩恵に預かってないしな。

パタゴニア DOWN SWEATER VEST(ダウン セーターベスト)
パタゴニア DOWN SWEATER VEST(ダウン セーターベスト)







THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) Light Heat Jacket
THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) Light Heat Jacket




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
2008年10月5、7日

毎年10月の上旬に1週間程休みをとっている。今年は、九州一周でも・・と計画していたのだが、急きょ、訳ありで知人のいる大阪に行くことに。

一泊は、ホテル泊が決定しているので、無理やり大阪市内に最も近い舞洲のキャンプ場に前泊。ここは大阪オリンピックの舞台となるはずだった、此花区北港の人工島「舞洲」にある。ここの横には、税金の無駄使いと散々テレビにも出ていた609億円のフンデルトヴァッサーデザインのゴミ処理場が。何かゴミ処理場とスポーツ関連施設って組み合わせは多いですね。サイトは枕木で仕切られて平らでいいのだが、サニタリーも決して清掃が行き届いているとはいえない。大阪市内やUSJ直近というロケーションは、○ だけどね。生憎の大雨(またか)で写真一枚もなし。

2日目は京阪のUSJタワーに。キャンピングカーは、ホテル駐車場に入らずUSJに一泊2100円で。以前は日航のホテルだったような気がするが、京阪に売ったのかな。温泉があり文句なしにいいホテルでした。所用で大きく時間をとられレポらしいレポもありません。じゃんじゃん。

powered by まっぷるnet


とりあえず大阪府にクレソンで行って泊まったという事実はでけた。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
友人YHくんはカーオーディオ関係のプロフェッショナル。これまでは、彼の好意でアルパインのナビを借りて(取付までしてくれて)ウロウロしていた。しかし、もらったままにしておくのも良心がとがめるので、自前でナビ購入、交換。予算の関係でクラリオンのNX308を選択。新しもの好きなのでエアナビに興味があったが、ポータブル系はバックモニターに使えないので断念。

SANY0052.jpg

借りていたアルパインのナビはかなりの高級機らしくナビのレスポンスもオーディオも相当良かった。キャンカーには便利な常時バックカメラを表示できるモードや、方角・標高・速度にナビなどをミックス表示するアウトドアにはもってこいモードなどもあった。

ちょっと驚いたのはタッチパネルなのにクリック感があることだ。単にタッチ音の感じなのか、何なのかよくわからないのだが、確かにクリックした感じがするのだ。パネル自体にストロークがあるわけではないのだから不思議。私だけの錯覚?高級機はこんな細部に金がかかっているんだと感心。

クラリオンのNX308は例によって「ピ」というタッチ音。画面デザインもマンガチックで高級感はない。まあでも、予算の関係で仕方なし。SSDなので振動(トラックですから)に強いというメリットはあり。ノートPCも含め急速なメモリ価格低下でノースピンドル化は大きな流れですね。

設置自体は、友人がすべて配線してくれいたのでつなぎ直しただけ。簡単に終了。今回は参考になりそうな作業はやってないので途中写真なし。ご自分で設置されるかたはバンテックのここのページをご確認。





▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
どうにもライトの消し忘れが多くコンライト(オートライト)取付。ライトクルーという商品。



同製品をカムロードに取り付ける方がいればご参考に。
カムロードはスモールライト・ヘッドライトオンで12Vが0Vになるタイプ。取説のP6 配線方法A に該当します。ヘッド・スモールのラインを探すのが面倒ですがこれだけクリアできれば楽勝です。

ハンドルのカバーを外して、右下にある太い黒ゴムでパックされた線を破り、配線のたばから、赤(1本のみ)がヘッドライト(ライトクルーの青に結線)、白(2本あり。テスタでスモール点灯時に0Vになる方を探します)がスモールライト(ライトクルーの黄に結線)となります。テスターがなくてもランプテスターで十分確認できると思います。



あとはアースをとって

SANY0045.jpg

光センサーを運転席側のフロントガラス下に取り付け。

SANY0046.jpg

本体を運転席足下に取り付け。

SANY0051.jpg

センサー感度を調節するコントローラーを適当な場所に両面テープで取り付け。

追記:

これはほんとに便利。カムロード、キャンカーにぜひお薦めしたい商品です。
価格はこのくらい。以下リンクご参照。






▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
前回 カムロード ドアスピーカー 交換(1)で内張りを剥がしてスピーカーの寸法を計ったので、取り付けできそうなスピーカーを物色。
できれば16cm程度をつけたいのだが、バッフル板を自作しても微妙なところなので10から13cm程度のスピーカーを探すが、このクラスは情報がほとんどない。論評に値しないということだろう。

価格.comで約1名から(笑)好評だったKENWOOD カスタムフィット・スピーカー KFC-C132を購入。13cmの2way。
SANY0033.jpg

想定外にラッキーだったのが付属の取り付けアダプターが使えるということ。一か所だけは穴をあける必要がある。現物合わせで×マーク。
SANY0034.jpg

ドリルで穴あけ
SANY0037.jpg

付属コネクターは使えないので純正ラインから分岐。色分けは以下。
右スピーカー  ライトグリーン(+)、青(-)
左スピーカー  ピンク(+)、紫(-)
極性逆でもわかるようなリスリング環境ではないと思いますが・・(私はです)
SANY0036.jpg

ガタつき、傷防止でスポンジを貼ってポン。おおおおおラッキー。バッフル板作るつもりでジグソーまで買ったのだが楽勝で取り付け完了。スポンジの貼り付け汚いのは見えなくなりますんで。
SANY0038.jpg

ジャストフィット。気合入れてスピーカー探せば16cmもつきそうだけど、まあそこまで苦労する必要はないでしょう。
SANY0040.jpg

肝心の音は・・このクラスとしては十分と思います。まあ所詮13cmなのですが、イコライザーかけて調整すればOK。アルハイの純正よりはいいんじゃないのかな。こんなに変るんだったらメインカーも社外スピーカーを考えよう・・・。まあ、家ではPC+JBL encounterをメインオーディオで使っている程度の人間のいうことなので文句言われても困りますが。

でもね、カムロードですから。お尻の下にエンジンがあって、坂になるとガーとシフトダウンするんですから。これでホント十分ですって。純正ラジオスピーカーだと嫁はんにオーディオ消されるのですから。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
ホーンのついでにヘッドランプ球も交換。ヘッドランプもホーンと同じく超貧弱。HIDにしないと根本解決にはならんのだろうけど、大きなおもちゃ(キャンカー)を買って嫁はんの機嫌はずっと悪いので、球の交換でお茶を濁す。

5000K H4 12V 60/80W→130/170W とかいうバルブを、得意のコーナンで1200円程度で購入。リレーが不要なのでバルブ交換だけでOK。

ヘッドランプは以下3カ所のネジを外して引き抜きます。
SANY0026.jpg
SANY0027.jpg
SANY0030.jpg

ヘッドアンプユニットの裏です。ピンを外せばバルブが交換できます。
SANY0029.jpg

これも交換10分程度。さすがトラック、何も見なくても迷うことなく作業できます。明るいかどうかはイマダ不明。純正バルブに青色がついただけという気もする。

ここ最近の数台ファーストカーには、コンライト(オートライトかな)が付いているので、ライトのオンオフ習慣がなくなってしまっている。で、トンネルなどでライトの消し忘れで注意されることが多い。次は、コンライトの取り付けで楽しませてもらおう。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
純正のホーンは、「ぺッ」というホーンなのでここ20年も車いじりはやってなかったのだが、交換決意。

昔は、車を買ったら、オーディオ、タイヤ+アルミ、ホーン、ハンドル・・何かと社外品を購入してあれやこれや楽しんだものだ。最近は、メンドクセーし、純正もまあいいじゃんレベルになっているので純正アルミとか、純正ナビをオプションでくっつけて終わり。全くカーショップにいかなかったが、何せカムロードはトラック。あれやこれやと楽しめる・・。というかベンツやBMWも買える車両価格を考えるとWホーンとか、最低、時計ぐらい、いやモットいうと何よりバーストしないタイヤは欲しいところだけど。まあ車部分は、トラックなんで仕方ねえのか。

近所のコーナンで、ホーン(何と880円)、ギボシや、コード何かを買い込んで帰宅。オートバックスなんかにいくといろいろブランドホーンもあるんだろうけど、そこまでの熱意はない。

カムロードのフロントグリルはネジ一本(赤丸)で止まっている。はずして引き抜くだけ。
SANY0022.jpg

純正シングルホーン。-はボディアースで、+端子一本だけ。
SANY0023.jpg

純正位置にハイ、バンパー裏にローを取り付け。+端子を分岐、アースも分岐。位置さえ決まれば取り付け自体は10分作業。汚い取り付けだけどトラックなので・・。
SANY0024.jpg

ちなみに音色は・・・十分です。恐るべしコーナン880円。





▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」