FC2ブログ
 
ありゃ〜Amazonマーケットプレース詐欺に引っかかった。

出品者から来たメールが下。

ご注文された商品につきましては、アカウントが第三者に乗っ取りされ、不正に出品された商品になります。商品は存在せず、出荷もしておりません。
このことについてはAmazonでも確認されており、現在調査中とのことです。
当方よりAmazonに対して再三に渡り対応を依頼しておりますが、Amazon側で一向に処理が進まない状況に見受けられます。またAmazonの調査中においては、当方でもアカウントにサインインすることができません。

この件が話題になって以降Amazon発送の商品以外発注しないよう気をつけていたが・・・。数週間前に注文していた商品が一つ来ていなかった。

保証申請したのでたぶん実害は出ないと思うけどね。

マーケットプレースの出店者のアカウントが割れているなら、一般ユーザーも危ないと考えないといけない。パスワードは変更しておくべきだろう。

Amazonはこの件に未だ正式なリリースはない。さすがジェフ・ベゾス。何にせよ大打撃だろうね。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
嫁ハンの代車。

実は奥様が事故をやってしまって車を買いなおすことに。結構反対したのだが、次もmini。実に4台目。セーフティーオプションをつけると受注生産らしく2カ月待ち。その間、いろんな代車を貸してくれることに。今回はクロスオーバー。
E1610064-ADC3-4A52-8EE4-0A05012D4328.jpg
8773C147-1A4B-46B1-B0D4-C02B74773F97.jpg

わざと峠道を通って買い物へ。ディーゼルなのでトルクフル。山道も結構元気に走る。ファーストカーで使えそうだ。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
お家BBQで友人とガーデンパーティー。

前日にお蔵入りになっていたコールマン ボネスコというBig BBQ グリルを組み立て。(写真撮るの忘れた)

・・・が、ベランダのBBQ倉庫に入らず!!客間である和室に鎮座することに。はてさて、これ一回使ってしまうと和室に保管ってわけにもいかず、ベランダに放置するには風が心配。

ってことでガスのロードトリップグリルでBBQをすることになった。まあフツーにうまかった。
F95F2D98-6AA4-4CAA-9095-6B8816B936A1.jpg


が、炭火BBQ対策が急務だ。(か?)

コンパクトかつ手間なく炭火が楽しめるようにステンレス系のBBQコンロじゃなく温故知新で七輪を探すことに。見つけたのが三河の黒七輪。リンクはココ。ウンチクは以下。

三河の黒七輪とは、三河地方(愛知県東部)独特の焼きものに適した粘土を利用して、三河瓦(いぶし瓦)の製造方法でもある、伝統的な工法で作り出された非常に頑丈で熱に強い七輪である。なんと言っても最大の特徴は、内側には珪藻土七輪を内蔵させ、外側にはこの固くて丈夫な、瓦で覆われた他に類をみない独特な形状です。この2重構造は、単に七輪を頑丈にさせるためだけではなく、保温性にもすぐれ、熱伝導率が良いためか焼き上がりが他の製品と比べても格段に優れ、プロ好みでしかもお手入れを怠らなければ一生物にもなります。 珪藻土のみの切り出し製法で作られた七輪とはちがい、金属バンドの補強が必要もないこの黒七輪は、砕いてしまえばまた元の土に還る、究極のエコ七輪でもあります。三河のこだわり職人が丁寧に手づくりしている黒七輪。半世紀もの間に培われた伝統の技術と職人技は、現在では1社のみがこの伝統技を受け継ぎ作り 続けています。非常に希少価値が高く、幻とまで言われる本物の三河産黒七輪の製作者は、三河地方最後の製陶職人、杉浦和徳氏によるものです。

実は七輪は、コールマンの鉄製七輪もあるし、ロゴスのセラミック七輪も、倉庫に未使用品があるんだけそんなことは内緒だ。

七輪キャリアに乗っけってアイアングリルテーブル=IGT(ニセモノだけど)にセット。マンズJUST FIT。
C95D9E65-1370-4BE5-89AF-41ED84C643A2.jpg

しかし、竹のデスクトップじゃ焼けるのでメタルトップを探したが手持ちはハーフ2枚しかない。翌週にイオンに行ったときにスポーツオーソリティーでハーフ2枚を補充。またもや15%オフやっていたので若干お得にGet。最近のメタルトップは穴が開ていて下に小物入れもセットできるようだ。
095F7037-F450-49FA-A265-D28ABC1E6130.jpg

これで自分的に究極のBBQコンロシステムの完成だ。何せ七輪は掃除が必要ない。汚れれば汚れるほど味が出るワケだし、網も、どの100均にも腐るほどある。6人からマックス8人がキャパだがIGTにはちょうどいい。満足。(完全な自己満足)

パッキングもバッチリ。炭缶に消壺にチャコールスターターがワンパック。
93326F88-AB6F-457C-BEB3-D5EA1F0FB4A5_2017042415494434f.jpg


そういえば・・スノーピークにIGTスリムなるものが売ってた。
26249_compare.jpg
IGTの3ユニットサイズで側面の構造がステン棒4本になっていてIGTに比べて軽量。と言ってもチーク材のトップなので7kgのヘビーウェート。なのでキャンプに持参するのは躊躇するが、ガーデンには持って来いの感じ。いいんじゃない?と値札見ると4万超。ゲゲゲ。お値段も超ヘビー。このシンプルさだと2マンまでじゃないかな。

この値段ならデザイナー家具のリプロダクトでもお庭で使えそうなものが結構あると思ってしまった。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
田舎の郊外の山の上に家を建てた。

おかげで景色だけはいいのだ。いわゆるダッシュ島が見えたりする。
BF1C6539-399A-47D1-A3A7-04D76E617D25.jpg

で、週末は友人を招いてガーデン(ベランダ)パーティー。10年前のコールマンのチェアも今となってはいい味になってきた。たぶん使用1回だ。ベランダも手前奥に5mくらいあるので10人くらいまでは余裕でいけそう。
F95F2D98-6AA4-4CAA-9095-6B8816B936A1.jpg

現在、オーニングをどうするか・・と悩み中。軒にフックはつけてもらったが、タープをかけるのは結構高い脚立がいるのでメンドウ。それにキャンプタープは耐久性が低い。キャンプタープを以前オーニング代わりに常設したが、1年足らずでボロボロだ。カフェのようなオーニングは値段の割に風で曲がったりしてこれまた長持ちしない。

キャンプタープよりKookaburraのような家庭用タープの方が断然安くて長持ちする。ご参考 クッカバラシェードセイル 

41tvFt8N4mL.jpg

はたまた国産メーカーのように透けて見える方が耐風性はあるし3年保証。2000円台!ご参考 イージーシェードセイル
81OVJwQkEdL_SL1500_.jpg

等をプ―リーで上下できるようにして・・・ってアレコレ悩むのが楽しいのよね。

しかし、キャンプもグランピングブームで、お仕着せのキャンプ家具やテントじゃなくお手製のお品を使う人も多い。ウッドモノなどを使う方等、Light and Fast でなくていい方はKookaburraのようなオーストラリアの地で鍛えられた個性的かつ安価なタープもいいんじゃないかな。リゾートのプールサイドのように三角や四角を何枚か張ると目立つこと請け合いだ。
41BhEz6NqdL.jpg




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
我が家の家具は、オーダーか、いわゆるジェネリック家具ばかり(笑)

中華の匠が見事にパックった(いやそれでもバカにできない出来栄え)デザイナーズ家具だ。我が家は設計段階から奥さまの意見を全く聞かなかった。(一応聞いても却下)まあ仕事も家も任せてくれるということはありがたいことで、その代わりにリビングチェアは好きなものを選んでいいよと言っていたらチョイスしてきたのが、コレ。
BFFB7F24-09BD-4CFE-90E7-884446EADB0B.jpg

LC4 ヴィラチャーチ シェーズロングの限定のファブリック版。1929年のサロン・ドートンヌで発表され「休養の為の機械」とル・コルビュジエが呼んだ寝椅子で、正真正銘のカッシーナ製。本当はLC2の限定色があって、そちらが気になっていた様子なのだが、あまりに限定色すぎてまさにジェネリックっぽかったのでLC4をおススメした次第。(やっぱり口出ししたんかい)

・・ホンモノといっても実は、嫁ハンが行っているセレクトショップが、店舗縮小か店じまいするそうで、展示品を激安で譲っていただいたのだ。

確かに寝落ちするイスでひたすら寝ている。リビングで。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
引っ越しのバタバタから1カ月。

いよいよ最後の大物の組み立て。ベランダのセカンドOUTDOOR倉庫だ。眺望だけはいい場所に家を建てたのでベランダで自宅デイキャンをしたいと思って・・・。

倉庫自体は組み立てに1カ月もかかる大物じゃないのだけど、フラットパッケージで4個口になった部品の1つが大きさ的に階段を昇らず、ウィンチで吊り上げるというハメになってしまいウィンチがらみのパーツから発注するという回り道になっていたのだ。

パーツがそろってからは平日の空き時間×2日で完成。
3BBB6267-BB77-4895-A1DD-CE47F8222E00.jpg
中にはキャンカーに乗っていなかった2軍級のOUTDOOR GOODSを収納。取り出せばいつでもキャンプ気分で外飯ができる。棚を改造してチェアは吊り下げ式にしてみた。
EB3D0687-CAA8-45EA-B7A0-9CB0541AAC33.jpg
アイリスオオヤマの製品で、この手の商品としてはちゃんとしていると思うが、下穴が何カ所か間違って開いていたのと、取っ手がビスを打つとパッカーンと割れてしまった。下穴が十分でなかったようだ。さっそくカンヌキをネットで発注、取付。本体も薄い杉板のステイン仕上げなので雨ざらしにすれば寿命は2~3年といったところだろうけど、雨に濡れないところなので倍は持ってほしいな。まあ、腐れば、ばらして薪になるというエコ商品だ。
4392B0B8-D1DE-43FC-BF1A-D77A369919AD.jpg

本当は造り付けで収納をつけたかったのだけど、建築家は余分な造形をいやがる。写真撮影が来週なので、たぶんPhotoShopでこの倉庫は消されると思う。(爆笑)


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
ようやく引っ越しのバタバタから生活のペースをと戻しつつある今日この頃。

嫁ハンから、「洋裁の時に使えるミニテーブルがない?」・・と。必要でもないキャンプグッズが湧き出ているというのをよく知っているのだ。

「あっあるよ」と惜しげに取り出してきたのがUNIFLAME UFサイドテーブル。確か半額セールで手に入れたはず。二千円台だったはずだ。何の変哲もないシナベニアのミニテーブル。
01B4F4B4-3839-440F-866C-A9D19A414146.jpg
足にカラフルなカバーをつけて早速活用。倉庫の中で眠っているよりテーブルクンも嬉しいだろう。
E2D90095-640C-4EEA-AA6E-69795DD342EE.jpg

最近はキャンピンググッズもグランピングの影響かウッドモノが多くなっている。
でもね重いし嵩張るしカビることも多い。

次はウルトラライトモノが流行ると見た。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」