FC2ブログ
 
SOTO アミカス 持ってラーメンツーリング。

いつものダム湖へZOOMER クンでブーン。
IMG_6665.jpg

結構な風だったのだがSOTO アミカスは風に強いという前評判を確認するために、風防なしで。前評判の通りしっかり700ml沸騰。もちろん風防した方が燃費はいいけどね。
IMG_6666.jpg

風に強いという「すり鉢」燃焼部のSOTOバーナーには2種類ある。マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310 と ボクの持っているアミカス SOD-320だ。(ストームブレイカー SOD-372ってのは別格)

圧力レギュレーターのついている310の方が寒い時の性能はいいんだけど、店舗でさわると組み立て式のゴトクのセットが少し面倒くさかったのだ。

320の「トータルバランスに優れたコンパクトストーブ。ベテランの方から初めてバーナーをお選びになる方まで、 選択に間違いのない1台です!」っていう宣伝文句に偽りなし。。かな。山の上に行かない人なら320で十分な気がする。

それはそれとして、蚊は蚊取りでなんとでもなるが、アリが、アリが。背中に入って悶絶。

閑話休題。

下の写真は、別日に外カフェのためにブーンと寄り道した時の写真。

県道196号を小野から石手に抜けていたら峠を越えたあたりの杉林で、ふいに道路に穴が開いていててドドンとタイヤがバンプ、あわてて止まって前輪チェック。スモークのバイザー上げて、ふと見上げたら青空がキレイで、エンジン止めると横の沢から涼しげな流れ水の音が。いいなと思ってiPhone取り出して撮ったものだ。

ボクのようなヘタレは林道ガンガンとは行かないけれど、こんな程度の林間の少し荒れた小道は最近走りまくっている。こんな道は小径タイヤのスクーターで通るのは危ないね・・と思ってしまったのだ。

IMG_6673.jpg
IMG_6672.jpg

で、こんなシチュエーションにはクロスカブがぴったりじゃねえのか・・と。穴に落ちたショックで、通勤バイク+オフロード=クロスカブの公式がヒラメいてしまったのだ。

8FA61B58-441C-480C-AF62-C0FD3B888B92-1910-000003EEDDD8FB80.jpg

ZOOMER Xを買ったときに、先代のクロスカブは選択肢になかったわけじゃないが、ちょっと違う感が大きく、かといって10~20年落ちのハンターカブを高値で買うのもどうかな~という思いが強かった。山の上にも住んでなかったし通勤快速で裏道ビュンビュンのZOOMERにしたワケ。でも、この新型2018クロスカブは結構ハンターカブに寄せてきててイイ感じ。

これは大変危険な兆候だ。これを書いているiPadもクロスカブが壁紙になっている。これはヤバい。

ただ、遅いのよね。嫁の実家で110のカブには乗るんだけど下手したら50のスクーターにスタートで負けちゃう。アクセル一つで高回転をkeepできるVベルトは偉大なのだ。

通勤快速のVer2ならPCX150になるだろうし、新しモノ狙いならPCX Hybrid か 3輪のTricity 150。でも、そもそもスピードならG310Rに乗ればいいわけだし、話のスタートは大径タイヤで多少オフ風味があってトコトコ走ればいいなってことなんで話がループ。

悩む。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
しばらくバイクでの野点カフェで使っていたアルコールストーブ。

アルストはコンパクトで、効率とかを語るものじゃないのだけど、強風下ではバーゴで風対策しても厳しいこともある。60mlのアルコールじゃたりなくてカップラーメンがバリカタになったことも。

何かイイ手はないかと。もちろんジェットボイルを使えば問題ないが、それじゃ面白くない。一軍でないキャンプツールで何かないかと・・。中華の親指ほどのチタンバーナーもあるがちょっとゴトクが不安定。
DSC03453.jpg

そういやデッドストックになってるSOTOのアミカスがあったと思い出した。

ただ、CBガス缶が250サイズでは大きくて、バイクセットから下したSOTO ST-310+カセットガスのパッキングと変わらない。110缶があったはず・・と探しまくるがない。シャーなしに注文。翌日到着。
IMG_6612.jpg

しかし、YahooがSoftbankがらみで少額のポイントをつけまくってた時があり、ガス買いまくったので結構ストックがあったはず。オカシイ。

倉庫をひっくり返して探すこと1時間。あった。それも大量に。全くボケボケだ。

IMG_6591.jpg

紆余曲折ありながらアッタカイ時期なのでスノピの銀缶をアミカスにセット。

アミカスは、何かの記事でアミカスアゲのレポートがあって買ったのだが、火入れは初めて。燃焼部がすり鉢状になっていて風に強いらしい。マイクロレギュレータ―はない機種だけどシビアコンディションでない限り問題ない。ボク自体がシビアコンディションに対応してないもんね。
IMG_6637.jpg

そういや風防もあったはずと引っ張りだしてセット。EPIgasのモノだった。緑でいいじゃん。ちょっと大型だけどまあ問題なし。ラーツーにはこのセットを活用しよう。カップヌードル鍋に全て収まる。ヨシ。
IMG_6638.jpg

土曜の午前中は、前述のアミカス火入れと窓掃除。気になっていた玄関上のスリット窓だけど階段上なのでどうやっても掃除は無理。流石に汚れてきたのでロボット窓ふき機を購入。画期的。
IMG_6618.jpg

夕方は子供が友達と夜市に遊びに行ったので、嫁ハンと2人で道後デート。看板のない隠れ家バーでお食事。森伊蔵ロックで1000円!原価割れしてない?
IMG_6632.jpg

フードのチョイスは、鯛しゃぶ with みかん。愛媛と言えば何でも「みかん みかん みかん」だ。鍋になんで~と声を上げてしまったが、酸味と甘みで結構イケル。ありゃウマいと笑ってしまった。酒もうまいし、ちょっとお気に入り。豪雨で鯛もみかんも被害を受けたそう。心配だ。
IMG_6635.jpg

日曜日はご招待いただいた落語会。笑点メンバー3名。特に林家たい平さん最高だった。歌丸さんが絡むお馴染みの「死亡ネタ」もこの時はおお笑いで聞いたけど今じゃ幻のネタになりましたね。

地方都市だと演芸、演劇ってナカナカ生で見る機会はない。Yクンありがとうございました。
IMG_6643.jpg

後に問屋町バルズ。倉庫改造のいわゆる屋台村。飲み過ぎだべ。
何食べる~?って時に最近はバルズに行くことが多い。和洋中に粉モン、肉・鳥系何でも皿単位で頼むことができるから便利だ。B級グルメだけど評判の店が集まってるらしい。
IMG_4976.jpg



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
先週、ちょっとした用事があり炎天下にウォーキング。30分の予定がトラブルで1時間半の死の行軍に。

1Lのナルゲンボトルに水を入れていったのだが、すぐに飲み切って、あと20分でローソンがあるぞ・・っていう坂道を上る途中でクラクラゼイゼイ。

汗だくでローソンに駆け込んでポカリ1Lとアイス2個食い。そこから数日は、やんわりだるかった。軽い熱中症だったんだろうと思う。体温ほどの気温の時に炎天下でウォーキングだから当たり前だ。

熱中症は車で言うとオーバーヒート。自然冷却で間に合わないならば、空冷か水冷じゃない?ってことでリサーチ。

調べてみると空調服っていうのがあって絶好調にイイらしい。激熱の工場などでも熱中症になる人がいなくなるらしい。ただ、お値段もちょっとするし、まさか、これ着てキャンプするワケにもイカンだろう。
kuchows074.jpg

次に見つけたのがコレ。モバイルエアという腰につけるミニファン。充電式で気軽に使える。
IMG_6760.jpg

こんな感じでつけても目立たず。
IMG_6761.jpg

週末、またもや日中に家のメンテで炎天下の作業だったので早速活用。

結論。コレ、イイ。

ホントに涼しいよ。ボクの場合、左腹のベルトにセットしたのだけど腹から、首と両手に空気が流れてクーリングしてくれ疲労度が全く違った。

何点か使い方にコツがある。
・コンプレッション系のピチシャツじゃなくて、ダブっとしたシャツで空気の通り道を確保して、空気が逃げないように通気があまり良すぎない生地がGood
・吸気排気口を服の布でふさがないように本体のクリップで留める。着丈が長すぎたらロールして留める。

要するにシャツがちょっと風で膨らんだ状態になるようにすることができれば汗がドンドン乾いて気化熱で冷えて間違いなく涼しい。要するに空調服がベストなんだろうけど、これは安いし目立たないのでボクはおススメ。義父の農作業用にも追加発注。

ただ、amazonのレビューは賛否二分されているけどね。充電できなくなったなんてレビューもあるが、壊れたら5V化してモバイルバッテリー駆動か、1.2V充電池3本駆動にするつもり。いやしないか。1600円だもんねwww



ちなみに水冷服ってのも本当にあるようだ。JAXAの宇宙服技術応用。シビれるね。9マン。でも、流石のJAXAも水の重さは変えれないだろうから、多分2kgくらいと見た。重い。ボクの場合は、もちろん、そこまではいらない。
4d11df67.jpg


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
以前のレポートで書いていたようにスノーピーク フラットバーナーをジカロテーブルにセットしてみた。

アイアングリルテーブルの1ユニットサイズなのでジカロに使うためにに別売のナントカブリッジってを3000円位で(バーナー本体は1マンなのに)買わないといけないというスノピ沼。もちろんアイアングリルテーブルにはジャストフィットなんだけどね。4人なら円卓の方がいいでしょ。

で、セット。
IMG_6737.jpg

炭使うのが面倒な時には鉄板焼きで。
IMG_6739.jpg

酸素入れないとイカンのでこちら向きかな。
IMG_6738.jpg

炭でジュージューしたい時はこのパターンかな。
IMG_6740.jpg

フラットバーナーか、黒七輪か。

ガスか、炭か。

楽ちんか、手間を惜しまないのか。

ソコソコの味でいいのか、本格的な味を目指すのか。

それは人生をどう生きるかという人生観次第だ。(大ウソ)


七輪は昔の人の知恵とつくづく思いますね~。いうなればチャコールスターターだもん。七輪内でおこった上昇気流が狭い吸気口から早い速度で酸素を吸い込み燃焼する。とくに三河の黒七輪がいい仕事してくださいます。家では万能。掃除する必要ないしね(爆笑)
IMG_6741.jpg

ちなみに、三河の黒七輪について。リンクはココ。ウンチクは以下。

三河の黒七輪とは、三河地方(愛知県東部)独特の焼きものに適した粘土を利用して、三河瓦(いぶし瓦)の製造方法でもある、伝統的な工法で作り出された非常に頑丈で熱に強い七輪である。なんと言っても最大の特徴は、内側には珪藻土七輪を内蔵させ、外側にはこの固くて丈夫な、瓦で覆われた他に類をみない独特な形状です。この2重構造は、単に七輪を頑丈にさせるためだけではなく、保温性にもすぐれ、熱伝導率が良いためか焼き上がりが他の製品と比べても格段に優れ、プロ好みでしかもお手入れを怠らなければ一生物にもなります。 珪藻土のみの切り出し製法で作られた七輪とはちがい、金属バンドの補強が必要もないこの黒七輪は、砕いてしまえばまた元の土に還る、究極のエコ七輪でもあります。三河のこだわり職人が丁寧に手づくりしている黒七輪。半世紀もの間に培われた伝統の技術と職人技は、現在では1社のみがこの伝統技を受け継ぎ作り 続けています。非常に希少価値が高く、幻とまで言われる本物の三河産黒七輪の製作者は、三河地方最後の製陶職人、杉浦和徳氏によるものです。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
メイン倉庫とは別にベランダに置いてあるBBQ用倉庫。
3BBB6267-BB77-4895-A1DD-CE47F8222E00.jpg

中にはキャンカーに載せてなかった予備役のOUTDOOR GOODSを収納。取り出せばいつでもキャンプ気分で外飯ができる。
EB3D0687-CAA8-45EA-B7A0-9CB0541AAC33.jpg

ところが昨年2017年の9月の台風で、ベランダのOUTDOOR倉庫が半壊ww ベランダの修正工事があるのでいつでもずらすことができるように中の荷物を室内に移動させておいたのがいけなかった。突風が、倉庫を倒して、吹き込んだ風が、カンヌキをネジ曲げ扉の片方が吹き飛ばされた。風雨の中、縛ったので事なきを得たけど・・・・。ちなみにベランダの修正工事が入ったのが今年の5月。どないなっとんねん。
IMG_4277.jpg

今はパテで修理した後を隠すために黒ペイント。
IMG_6406.jpg

今週末は、イスを6脚吊り下げている棚を、端材から1×4材にVerUP。端材が重みでひん曲がってきたからだ。
IMG_6408.jpg

アイリスオーヤマの安物のウッド倉庫だけど、木材だから切ったり付けたり自在にできる。愛着がわくってもんですよ。
なんせ、天気が良ければチャチャっと手間なくデイキャンできるのはこの倉庫のおかげ。重宝さんだ。

P5050162.jpg


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
ポイントがあったのでアルコールストーブもチタン化。

エバーニューのTiアルコールストーブ。
IMG_6558_20180611140936dda.jpg

まあフツーに沸かせてちゃんと青火。蓋がないので使用燃料をきちんと計って燃やし切らないとイカンわけですが、ある意味エコ。しかし、なんでチタンアルコールストーブってフタがないんですかね。ネジがチタンなのできれない?徹底した軽量化のため?
IMG_6557_20180611140935e45.jpg

ヘッドクォーター名入りのカップは友人にいただいたモノ。一手間かけて淹れたコーヒーは美味しいものです。例えそれがOUTDOOR倉庫でも・・。
IMG_6559_20180611140938579.jpg

ある時はドリップで。
IMG_6658.jpg
ある時はカフェプレスで。
IMG_6662.jpg

なんで手入れのコーヒーに目覚めたかというと「軟太郎」という家の水を軟水化する装置をつけたから。軟水・硬水なんてのはあまり意識していなかったのだが、住宅地の水道がエレー硬水であちこちが白くなって、髪はゴワゴワ、味はイマイチ。軟水化すると風呂はヌルヌル、味はウマイ。こりゃいいねってことでコーヒーブームなのだ。



それはそうと、ニトリに行ったらニトリ版カーミットチェアが進化してた。

左がボクも持っている旧バージョンで、右が新バージョン。旧は背もたれの横棒が背中にあたることがあったが、新は下にずらして当たらない。

ナチュラムの偽カーミット買うより余程イイと思うのだが。しかしナチュラムさん、リテーラーなんだから、バイヤーやカーミットの商品パクるのは止めてあげようよ。せめてちょっと意匠変えるとか。ドッカの国みたいで恥ずかしいよ。
IMG_6656.jpg




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
アルコールストーブの風防をちょっとバージョンアップ。

バーゴのチタニウム。昔から気になっていたけどちょっとお高いので二の足踏んでいたのだがポイントもあったりして。
IMG_6486.jpg
IMG_6485.jpg

まあイイもワルイもフツーの風防兼五徳。軽いのがイイし、シャープなデザインもチタン焼けもカッコイイ。
IMG_6483.jpg

でも、シングルバーナーの風防兼五徳で実用性をいうならキャプテンスタッグ カマド スマートグリル B6 に敵うものはないと思うけどね。新型はお高くなってるんですね~。




で、翌日出動。

まあ普通にベント食べてコーヒータイム。
IMG_6547 (1)

最近は、ナルゲンボトルではなくて、ハイドレーションパックを使っている。サロモンのパクリの中華製品。600ml入って使って終わったら小さくできる。プラティパスと違って口が広くちゃんと洗えて乾かせるのがメリット。
IMG_6548 (1)


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
バイクでのラーメンツーリング・・ラーツー用の専用鍋とも言っていいスノーピーク カップヌードルクッカー。

詰め替えリフィルさえ持って行けばカップヌードルをいつでも食せるのです。日清カップヌードルとのコラボでいわゆるジョーク商品なんだろうけど安くなっていたの買ってみた。食後のコーヒーも飲めそうだし買ってみた。晴れたら行ってみよう。
IMG_6561.jpg

ついでに倉庫から引っ張り出したチタンカフェラテセット。誕生日に会社のメンバーにいただいたモノだ。これもキャンカーに積み込んでおこう。
IMG_6560.jpg

行ってきましたよ。イロイロ。
IMG_6574.jpg
IMG_6581.jpg
IMG_6579.jpg



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
お安くなっていたのでお店から持って帰ったスノーピーク オゼン ライト。いやちゃんと会計して・・。

ライトの名前の通り270gの軽量ミニテーブル。
IMG_6562.jpg

ソトのフィールドホッパーも持っているけど、こちらは395g。
IMG_5404.jpg

125gをどう考えるかだけど、モノとしての優秀さはフィールドホッパーの方でしょうね。開けば脚が出るんですから。ここに通してあれを引っかけてなんて考える必要ないのですから。

でも手間を楽しむのがキャンプなので簡単に優劣はつかないのが面白いところかもしれません。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
6月最後の週末、ショッピングセンターのスノーピークストアをのぞいてみると発売になっていたフラットバーナー。

オニーサンにスポオ割引になるか聞くと10%オフですよ~。IGTは中華金具でコールマンのツーバーナーぶら下げてて特段必要ないか・・と思いとどまったが、後述するような使い道発見。

おまけに楽天で眠ったポイントがあるのを思い出し楽天のぞくとヒマラヤが割引してたのでポチ。

で、来ました。
IMG_6677.jpg

脚を差し込んで、バーナー部、ゴトクをセットして完成。点火。アダプターかましてカセットガスで。小さいがジェネレーターがついていたので液だしもしてみたがちょっと無理っぽい。まあ、上位機種との差がなくなるしね。
IMG_6679.jpg

手を差し込んでもOKな位。ウッドテーブルとかだと一応バーナーパッドをひいていたが安心かな。
IMG_6680.jpg

名前の通りサイドから見てもフラット。耐風性をうたっていたけど、本当に風には強そう。ゴトクの一部がせり上がっているのはこれ以上大きい鍋は置くな・・ってことでしょうね。酸素が遮断されるから。
IMG_6681.jpg

どこまでの大きい鍋が置けるか実験。デカ鍋代表で、野宴鍋30(直径310mm)や
IMG_6684.jpg

重い鍋代表でSOTOの10インチダッチをセットしてみたが無事置けた。ゴトクもビクともしない。ハードに使えそう。

もちろん説明書には、鉄板、セラミックなどは(輻射熱でガス缶を爆発させる可能性があるものは)使用禁止になっているけど、大きな汁受けが熱遮蔽版になっているのとガス分離型なのでガス缶の距離を保つことができるので、自己責任で使えば汎用性は高そう。
IMG_6685.jpg

バラして付属のストラップで締めた状態。結構フラットに。脚にシリコンチューブがついていたのだが、パッキングしてみるとちょうど汁受けと擦れあう部分だ。もちろんバーナーが熱い時に移動させる際の持ち手にもなる。考えている。
IMG_6686.jpg

付属のケースに入れた状態。
IMG_6687.jpg

雨が降ってるのでIGTにセットできてないが、3,000kcal/h あるしオートキャンプの卓上バーナーとしてスノーピーカー以外の方にもいいんじゃないかな。

2個並べればツーバーナーになるしツーバーナーと比べてパッキングははるかに小さい。ゴトクがしっかりしているので子供がガヤガヤしても安全。ファミリーユーザーにもオススメ。1マンとスノピとしてはリズナボーなので売れそうですね。

ボクはIGTだけじゃなくてジカロテーブルの真ん中にジカロテーブル1ユニットブリッジをつけて使う予定。ジカロの中心で囲炉裏的に使うにはこの1ユニットサイズじゃないと無理ですもんね。
ST-051_switch3_515Wx515H_201807061236031bf.jpg



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
今までもトイドローンは幾つか持っていたけど4K取れるようなモノは初めて。

ドローンの老舗DJIのMAVIC AIR。正真正銘の中国企業だ。
IMG_6553.jpg

初めてのDJI製品だったのだけどビックリする程の製品の質の高さ。製品自身はもちろん、付属の専用ケースも、パッケージさえも、高品質。中国の経営者が中国の大学を出てすぐに起業し、テールローターのないクアッドコプターでドローンカメラを作るというオリジナルな着想で設計し、中国のワーカーが作り、細かなところも抜かりのない品質。中国恐るべしです。

IMG_6552.jpg

ボクたちのガキの時にはラジコンと言えば京商だった。今もドローンレーサーは出しているようだけど、玩具止まりな感じ。空飛ぶカメラを目指しているDJIとは発想が違う。

AmazonはDJIのドローンに荷物を運ばせようとしてるし、あってはならないことだけど人民解放軍は軍用利用も研究実用化しているのでしょう。

中国を小ばかにしたようなNEWSが良くありますが、謙虚に中国から学ぶべき時が来たと思いますね。




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
たまたま視たNetflixのブラックミラーというドラマがあって舌を巻いたので記録しておこうとネタにした。

ブラックミラーは一話完結型のSFなんだけど、そのブラックミラーのシーズン3の第4話の「サン・ジュニペロ」が傑作だ。

ここからはネタばれ。見ることができる人はぜひ見ることをおススメします。
タイトルにしたHeaven Is A Place On Earth(この世の天国)というベリンダカーライルの曲がこのドラマのメイン曲になっていたのだけど、テクノロジーの発達でバーチャルな世界と現実を行き来できるようになって、バーチャルな世界で、2人の女性が出会い恋に落ちるというのがドラマの内容。

ただ、本来の姿は、1人は高齢で末期がんの黒人女性で、もう一人は事故で何十年も寝た切りのレズビアンの白人高齢女性。

結局、2人は安楽死(脱出)を選択して、コンピュータの中で若い時の自分の姿のまま80年台の世界で永遠に暮らす。

まさにテクノロジーでクラウドに作られたヘブン。Heaven Is A Place On Earth(この世の天国)というワケだ。

はたしてテクノロジーで人種、同性愛、病気、老い、障害なんてのが一気に解決したのか、してないのか。

はたしてテクノロジーで自分の好きなように生きる自由を手に入れたと言えるのか、逃避なのか。

電源が落ちない限り続くストーリーは、永遠の天国なのか、無限地獄なのか。

人間の意識は、神が作った魂なのか、ニューロンの中を流れる単なる電気信号なのか。ならばシリコンの中を流れる電気信号と何が違うのか。

科学技術の進歩はいやでも人間の本質を突き詰めていくことになるんでしょうね。

と、そんなこんなを、考えさせられるドラマ。


ボクにすごく刺さったのは自分の青春時代の80年台設定というのもあるのかもしれないが、Oculus goとかで自分のアバターで他人と同じ空間を過ごすなんてアプリもあったりしてその将来性にエレー感心していたせいもあるのかもしれない。

見終わった後、ネットで調べてみると、ブラックミラーのシーズン3の第4話の「サン・ジュニペロ」は、第69回エミー賞でテレビムービー作品賞と、脚本賞(リミテッドシリーズ/テレビムービー部門)を受賞しているらしい。おまけに、なんと2016年10月21日の作品。2年前ですよ。スゴイね。

反面、日本のドラマはここ何十年も進化が止まったように思えてならない。かつてのヒットドラマの焼き直しばかりで、アイドルも俳優も30や40歳台。なんでなんですかね~。日本人は夢をみなくなったんですかね。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
1月に購入していた「SONY wena wrist pro」を半年遅れで開封。苦笑。

ベルトだけのスマートウォッチだ。「電子マネー機能」、電話やメールの着信などを知らせる「通知機能」、歩数や消費カロリーを計測する「ログ機能」をベルト部に内蔵してヘッド部は自分の時計を使うことができる。電池持ちは1週間。昨年12月で第二世代になって液晶がついた。

Apple Watchは確かに重宝しているのだが、毎日充電はやはり大きなネック。酔っぱらって帰ったりすると充電忘れがあったりキャンプや旅行で専用ケーブルを持ってくるの忘れて充電できないとか。

これなら1週間持つので問題なさそう。
IMG_6514.jpg

ボクの時計につけるには別売のアダプター(20mmのエンドパーツ)を買わなければいけなかったりするんだけど、装着後は違和感はない。

バックル部に小さなEL。通知は確実に届く。Apple Watchはなぜか見落としが多発するのだけど(皮ベルトがバイブレーションを吸収するのか、手のひら側が敏感なのか)確実。

IMG_6517.jpg

何日か使って理由がわかった。Apple Watchは時計を外していると自動的に通知がオフになるのだがwenaはキーボードの横に置いていてもバイブがブーブー鳴って通知がわかる。自分は長時間キー打つときは時計を横に置くことが多いのでApple Watchでは通知見落としが多いような気がしてたようだ。

残念なことは、スマホの再生音楽の送りや戻しなどのコントロールができないこと。Amazon Music Unlimitedを使うようになってウォーキング中とかに邦楽も聞くようなった。ちょっと新鮮。ジジイなんで、聞き放題じゃないと、絶対にSHISHAMOなんて聞くことなかったからね。でも、やっぱり聞く限界はあって西野カナのトリセツとかは流石に飛ばすのでApple Watchなら歩きながらピッと押せば良かったが、wenaだとスマホを出さなきゃいけないのでちょっとメンドウ。コントロール付のヘッドフォンにすればいいのだけど。

あと、Edyもセットアップしたのだけど、なんか日本のアプリは使いにくいよね。クレカ登録しても翌日にならないとチャージできないとか。まあこれは楽天のせいなのだけど。

ベルトのコマにリチウム電池が仕込んであったり、Bluetoothユニットや表示がわずかなスペースに入っていたり、これはサスガSONYデザインだと感心することしきり。
IMG_6513.jpg

でもねSONYさん。届くわけはないけどジジイの独り言書きますよ。

機械式時計のブランディングは激戦。wenaというブランドが育つことは至難。本気で売るなら、機械式時計メーカーにOEM出すことだと思いますけどね。営業ちゃんとして頭下げてカスタマイズデザインで。機械式時計はスマホみたいに2年で買い替えることはない。進歩が早いデジタル部は将来も交換可能ならばユーザーも安心してまとまったお金を使える。スマートウォッチを脅威に感じているスイスの時計屋さんも乗ってくると思います。

そうすれば、スマートウォッチシェアNO1あっという間に取れると思いますけど。

さもなくば、味方作らずに唯我独尊過ぎた多くのSONY商品と同じく草葉の陰にお隠れになるかと。なんでSuicaに対応していないか理由を聞くとその可能性の方が高そう。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」