FC2ブログ
 
JiJiiさんのYoutube動画で紹介されていたスターノ フォールディング ストーブ。

Amazon.co.jpでは4千円くらいする。


そんなにするの!ってことで検索。

例によってAmazon.comではPrice: $9.64 + $7.28 Shippingと2千円程度。面白そうなのでポチ。

忘れたころに到着!
IMG_8741.jpg

アメリカンの作りのアルミ板をパタパタと開けば・・
IMG_8740.jpg

ほぼ完ぺきな風防とゴトクに。作りが云々というものではない。なんせ千円程度のモノなのだ。アメリカンでフンイキあると思うのはボクだけ?
IMG_8739.jpg

ついでに買ったのがMSRのイグナイター。ライターではなく火花を飛ばすだけのモノ。逆に言えばガス切れを心配することなく着火できる。問題は、必要な時に手元にあるか・・だけど。
IMG_8742.jpg

話は変わるが・・

今日はガキンチョの友人のDちゃんがお泊り。夕飯はリクエストで焼肉ジュー。

家を建てる時に、考えたのが「キャンプ的発想」。キッチンをダイニングテーブル兼用にし長さ3600mmの台として、作りながら食べることができるようにした。いわば、ご自宅アイアングリルテーブル仕様。熱源はIHじゃなくて無理やりガス。コンロの上にグリル鉄板をおけば冬でも室内で焼肉ジューだし、鍋はもちろん天ぷらも揚げたてで食することができるのです。
IMG_8748.jpg


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
やっと中国から来たお品。でも箱が悲惨・・。

中国 深センからの旅は、辛く苦しい旅だったこととお察しいたします。
IMG_8729.jpg

中身はinsta360 one X。

360度アクション(?)カメラだ。箱がひどい破損状況だったので早速動作確認したが問題なし。納期の問題から、Amazon、Apple Shopと迷った上でメーカー直販で購入したが、販売証明の類は一切ない。納期も結局、同じ。以前の360oneでも一度メーカーサポートに問い合わせることがあってちょい苦労したので、発送状況も考えると、直販じゃなく日本正規代理店の(株)ハコスコさんが販売しているAmazonあたりでの購入の方が安心できそう。
IMG_8730.jpg

あとは別便で、ポイント消化のコーヒーポット。でもポンパレとやらのポイントがなぜあったのかボクにはわかない。送ってきたのはナチュラムだった。まあ、ただでいただけたのでヨシとしようか。
IMG_8731.jpg

・・週末は試写にいこう。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
キャンプ用 クッキングツール一新・・っても大げさな話しでなくモンベルポイントの消化試合。

ちなみに、いよいよ2019から「ふるさと納税」でモンベルポイントが無くなってしまいましたね。ここ数年、我が家ではモンベルのアパレルがエレー増えたのですが、我が家のモンベルバブルもこれで終了。

通常運転に戻りますがその前に半端に残ったモンベルポイントを消化しておこうかと。

アレコレ見たけど、結局古くなったキャンプ用の鍋釜あたりを入れ替え。嫁ハンの反対を押し切り・・www

20cm、18cmの鍋、ケトル、フライパン。皿6枚に写ってないけど、ボール6枚。
IMG_8722.jpg

まあ、そう作られているので、入れ子入れ子で・・・
IMG_8723.jpg

パーフェクトにパッキング。
IMG_8724.jpg



でっ


と言われると沈黙。

ファミキャン用の鍋にこんなにシビアなパッキングを求めてもどうなの?だし、質実剛健のモンベルさんは、インスタ映えするオサレCamp Goodsとはちょっと違うし。

ただ、Light and Fastなボクのスタイルにはあってるので、ただただ自己満。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
前回ネタにしたBULIN中華バーナー。
IMG_8697.jpg

しげしげ観察すると3カ所使ってないネジ穴発見。これをうまく使えばアイアングリルテーブルに引っ掛けることができそう。

ネジボックスを見ていたらOUTDOOR部屋でToolを吊るすために使ったステンのパイプとそれを取り付ける金具発見。
IMG_8711.jpg
IMG_8712.jpg

ステンパイプを36cmに切って差し込んでみた。
IMG_8709.jpg

早速実用テスト。

通常の卓上使用だとこうだが、
IMG_8720.jpg

吊り下げるとこう。
IMG_8717.jpg

カセットガスも吊り下げて火力調節がし易いように。
IMG_8718.jpg

高さもこの位の方が鍋の中が見やすそうだ。
IMG_8719.jpg

まあ遊べそう。

しかし、寒い中、こんなくだらないことをしていたら、インフルエンザに続き風邪をひいてしまった。バカモンだwww


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
友人にススメられて始めたキャンプ。12年前か。

最初に買ったバーナーはアルペンで買ったカセットガスのツーバーナー。ドロップダウンして寒い時には使い物にならず、即買いかえたのが友人オススメのコールマンのWGツーバーナー。

性能はピカイチだったのだが、問題は嫁ハンが使えないこと。ポンピングして着火して火が安定して・・なんてできないよ~と。で、買ったのが嫁ハン用の「イワタニ カセットフーボー」


でもすぐに使うのは「フーボー」君のみになった。

そして、12年使った歴戦の雄姿。
IMG_8716.jpg

汁受けはサビて、耐熱塗料を3回くらい吹いて、足は溶けて別の足を付け直している。スノーピークのシールは、ガキが幼稚園の時にプレゼントしてくれたものだ。父さんはスノーピークが好きだからとフーボーに貼ってくれたのだが、いやそれはちょっと違うと思いつつもそのままに。

ヨカッタトコは、なんせ誰でも使える簡単さ。基本性能も、4.1kwと大火力で風防がちゃんとしているのでマズマズの風でも活躍でき、ヒートパネルの設計がいいのか、カセットガスなのに寒い時も一度着火さえすればドロップダウンを感じることなく頼りになった。反面、非日常感は0だし、ゴトクがしっかりしている分、大柄。またこれは仕方ないけどダッチとかの輻射熱があるものは使えない。

さすがにボロボロになったので買い替え検討。実はマーベラスもあるのだが、何か面白いバーナーないかな・・とチェック。

例のスノーピークのコレがイイとは思うのだが販売日が確定してない。それに、店員さんによると問い合わせは殺到しているとのこと。ホームユースはもちろんキャンプフィールドでも見かけることは多くなりそう。そう聞くとアマノジャクなボクは他ないかな。。と。
visual_03.jpg

で、探したのがコレ。

中華メーカーのBULIN。爆笑。ケースは直径20cm、高さ12cmくらいか。
IMG_8696_201901161359126b4.jpg

中身はコレ。スノピの剛炎チックな中華バーナー。
IMG_8697_20190116135914c45.jpg

6800W。剛炎ほどではないけど、超大火力。トロ火も安定。通常使用は3分の1程度で十分。プレヒート管があるので冷所でもしっかり仕事しそうだ。液出しも可能。中国語の説明書にそう書いてある。

この中華バーナーを作った中国人は、海外のバーナー設計者は中華がわかってねえ。オレは野外でうまい中華が食いて~んだ(想像)・・と思って作ったに違いない。
IMG_8698_20190116135915479.jpg

ゴトクは広げれば30cm、中華鍋もおける。閉じればシェラカップもおける。中華のサイトでは人が上に乗ったりしていた(意味不明)のでダッチだろうがビクともしない。前に書いたように収納は見た目に反して意外にコンパクトになる。
IMG_8699_20190116135916e0b.jpg
IMG_8701_201901161359186e9.jpg

ちょっとプチカスタマイズ。

脚がステンのそのままなので、IGTのステントップにおいたら傷だらけになってしまった。それにツルツル滑る。
IMG_8702_20190116135919b7b.jpg

100均でレジン(ソフトタイプ)を買ってきてポテと一滴。全く滑らなくなった。同じようなケースにはオススメだ。
IMG_8703_20190116135921084.jpg

IGTの上に卓上バーナーとしてアダプターかましてカセットガスで運用するつもりなのだが、結構アチコチに使ってないネジ穴があるのでうまくすればIGTに引っ掛けの仕組みができそう。

ちょっと検討。

ちなみにカセットガスアダプターはちゃんとしたモノを選ばないとガス漏れがあるので注意。ボクもAmazonさんで勝率5割くらい。レビューを確認しての購入だったが今回も返品した。つないで、耳と鼻で十分チェックして欲しい。時間をおくと緩んでくるケースもある。

人と被らないバーナー、それも強力なヤツを探している方にはオススメ。ネット検索すると4千円台で買ったという人がいたが、付いていた値札は498元=約8,065円。今は中華販売サイトでも65ドルくらいだったのでアマゾンの値付けは適正かと。


実はサブバーナーもBULIN。BULINツーバーナー体制の人間はボクだけかもしれないwwww 値段もたしかにリーズナブルなんだけど、ダッチや鉄板などの輻射熱を持つモノを載せることができる分離型、ゴトクがしっかりしたモノ、プレヒート管があるモノ・・と選んだら中華バーナーになってしまうのですwwww
IMG_4322HEIC.jpg


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
キャンプライトについて再構築中。

LEDは日進月歩。いよいよメインランタンとして使えるLEDが出てきているからだ。

購入したのは「ルーメナー」。今は2も出ているがあえて1をチョイス。

輝度1300ルーメン、電池容量10000mAh、重さ220gというスペック。日本のクラウドファンディングで資金調達したのを知っていたので日本のベンチャーかと思いきや、韓国製らしい。なんとまあ。
IMG_8656.jpg

箱から出すと質の高いキャリングケース。
IMG_8657.jpg

本体も質の高い仕上げ。電球色、昼光色の切り替えもできるし、明るさも申し分なし。
IMG_8658.jpg

なんでわざわざ旧型の1を買ったかというと、デザインがシンプルなのが1番の理由。次に、リチウム電池が18650の3本(予測)のようなので最悪自分で交換ができる可能性があるということ。原則、電池交換不能の製品のようですけどね。
ルーメナー分解図

余談だが、iPhoneから始まった電池交換不能の製品。電池交換の際は、リサイクル品に交換になるというフツーに考えると大問題のような商売だけど革新的な製品だったiPhoneだったのでそんなもんかな・・で済んだんでしょうね。ちなみに年末電池交換したiPhone 6S と 7 だけどテッカテカのリサイクル品になって帰ってきた。文句言えないか。7はガキンチョ、6Sはバアチャン行きだwww

でも、こんな汎用品で構成した製品まで電池交換不能にするなんてあざとい・・と思うのはボクだけ?電池寿命=使い捨て・・だもんね。

話しを戻すと、メインはルーメナーで、サブはフンイキ系のベアボーンズを検討中。電気の時代ですね。



さておき。

先日OUTDOOR SHOPを覗いてみるとSOTOさんからライター用の革ケースが。
IMG_8359.jpg

そういや革ケースといえば・・ってことで自分のGoogle Photoを検索。

ボクもメインのライターはSOTOさんなんだけど、失くしても惜しくない配備(蚊取り線香とかバイクの外カフェセットとか)には100均のトーチライターを使っている。まあ、それじゃあんまりフンイキがないので100均の革フリスクケースを取り付けて。たぶんダイソーだったかと。

写真探したらこんな写真が。革のガス缶ケースを買ったときにネタにしようと撮っていたOUTDOOR部屋のコーヒーセットだ。写っているライターがソレ。
IMG_8650.jpg

写真に写っていたので、ついでにネタにすると中華メーカーのBRSのバーナー。OUTDOOR部屋のコーヒーセットのバーナーだ。親指ほどで2000円くらい。商品説明にはチタンと書いてあったがゴトク部分は確かにチタンと思うが、燃焼部はステン、本体はアルミと思う。どちらにせよビックリするような小型軽量かつ安価。
IMG_8651.jpg

ついでにモンベルポイントの消化試合で、シェラカップ。モンベルチタン5個にユニフレームステン1個。よく見たらモンベルチタンは容量目盛りがなかった。なんで~。
IMG_8655.jpg

初詣にいくと

鳩と
IMG_8623 (1)

猫。
IMG_8624 (1)

平和な一年になればいいものです。

ガキンチョは、小銭をためてマウンテンバイク購入。嫁ハンの田舎で初ダウンヒル。大雨で荒れた林道を下ったそうだ。どこに向かっているのやら・・(笑)
IMG_8619 (1)



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
Youtuber界隈で話題沸騰のジンバル付きカメラ DJI OSMO POCKET。

バイクに乗るようになってムービーもちょこっと撮るようになってDJI OSMO POCKETに興味津々。12月中旬からデリバリーが始まったようなのでWatchingをしているのだが・・。
41SNsThizsL_SL1200_.jpg

詳しくはYoutuber諸兄のレポート を見ていただきたいのだけど、どうなんでしょうね~。この大きさでジンバルは確かにすごいが、これでしか撮れない画像ではないような気もするのだ。

もう一つ気になっているのが、insta360 one X 。先代モデルは持っていてバイクツーリングでも何度か動画を撮っているのだが、その高画素版。5.7K30フレームが撮れるようになっている。5.7Kと言っても360度画像なのでGoPro並の画角でいけば実質2Kくらいかな。それでも先代と比べてすごくキレイになっているよう。
51tCFB8VlUL_SL1250_.jpg
しかし何と言っても自動棒でこんな画像が撮れてしまうのがスゴイ。


うううん悩む。

しかし、2機種とも中国メーカー。カメラを中国メーカーの製品で迷う時代がくるなんて・・。落日の日本だ。自動車も大丈夫か。





▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
巷で話題の焚火台。ピコグリル398.

ヒロシちゃんねるを始めブッシュクラフトな方に人気の焚き火台。Light and Fastなボクのキャンプスタイルにも合っているしスゴク気にはなっていたんだけど何せ高い。アマゾンさんで見ると一時2.6マンとかの値付けに。(今のお値段は以下のよう) 1マンちょっとが正価であるのは知っていたので購入は二の足を踏んで数ヶ月。

アマゾンは最近寡占の弊害が見え隠れしてないすか。結構足元見る価格操作が。



納得いかんなあって時に使う手が個人輸入。

スイスのメーカー STCさんから直接購入しようとしてみたが、やっぱり送料の壁が。

そんな折にYoutuberの方に教えてもらった。

新宿のWANDERLUSTさん。超まっとうなご商売をされているとのことで購入させていただいたのが12月上旬。※今見ると在庫なしになってますが入庫するでしょう・・

実は開封確認しかしてない。

A4サイズ・・といってもA4ファイルサイズじゃなくて正真正銘A4サイズ。いわばパンフレットサイズで超軽量。445g。
IMG_8319.jpg

足を開いてステンの皿も開いてセットするだけ。
IMG_8322.jpg
IMG_8320.jpg
IMG_8321.jpg

薪を結構乗っけっても耐えられる強度と、標準でロストルまでついていて名前の通りグリルとしても使えます・・ってとこが人気なんでしょうね。イイと思います。早く使いてえ。

次シーズンには類似商品がわんさか出そうですが。

さておき。

正月早々インフルエンザ。特効薬のゾフルーザを服用。確かに24時間で熱は下がった。3日で回復。ウィルスの増殖できないようにするらしいが、逆にいうと増殖してしまっているウィルスはしっかり悪さするわけで、とにかく早く飲むのがポイントのような気がする。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
年末恒例イルミネーションキャンプ。香川県のまんのう公園キャンプ場だ。

今年は老母や妹親子も一緒だったのでロッジに。ただ、バリヤフリー棟はベッドが4つ。なので、嫁ハンとボクはキャンカー泊。半分、キャンプって感じかな。

隣県150kmなので一っ走り。15:00にはチェックイン。
IMG_8412.jpg

ガキンチョは甥っ子と一緒に場内サイクリング。1周4km。ガキは、トレーニングで4~5周。バカか。甥っ子も2周したらしい。ボクはその間に夕食の準備。・・・と言ってもキャンカーから必要ツールを降ろすだけ。
IMG_8419.jpg

日暮れと同時にさあスタート。28日だけどクリスマス明けなのでアンマリ混んでない。
LRG_DSC00761.jpg

今年は瀬戸内の風景と瀬戸大橋がテーマのようだ。
IMG_8516.jpg
IMG_8513.jpg
IMG_8508.jpg

IMG_8520.jpg

雪もちらついて火があると助かる。
LRG_DSC00802.jpg
LRG_DSC00798.jpg
IMG_8501 (1)
LRG_DSC00816.jpg
子供が歓声を上げていたので・・
LRG_DSC00819.jpg
子供の目線で見ると・・スバらしい!
LRG_DSC00773.jpg
LRG_DSC00825.jpg
IMG_8480.jpg

さて、宴会。交代で凍った体を風呂で解凍しながら・・。ロッジはやっぱ楽だわ。マッハで撤収できるしね。氷点下だったけどキャンカーのボクたちも電気ストーブでヌクヌク。
LRG_DSC00832.jpg




▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
11月に注文していたパスファインダー キャンティーンセット。

パスファインダーは、そう、ヒロシチャンネルの影響だ。というかディスカバリーチャンネルの人気番組「デイブとコディのサバイバル」に出演されていたデイブ・カンタベリー氏が設立したブランドで興味はあったのだが、ヒロシ氏が焚火でキャンティーンセットを使っているのを見てググったのは間違いないwww

でも、Amazonさんで調べると1.2マンしててビツクリ。キャンティーンセットってこんなに高かった??


ってことでGoogleの検索範囲を広げると出てきたのがSelf Reliance Outfitters。デイブ氏の直営店だ。ボクが買ったときで$39の値付けだった。ただね、やはりインディアナポリスからの送料の壁が。仕方ないので2Lの直火可能なボトルや焚火吊り下げ用の金具などもセットして送料込みで$100程度で発注。Amazonさんとそんなに変らなくなってしまった。2Lボトルはついてきたけど。

2~3週間で到着。

IMG_8311.jpg

そう。WW2あたりでUSのArmyさんが腰にぶら下げていた例の水筒だ。そういやボクは小学校の時に親にせがんでこのタイプの水筒にしたなあ。もちろんクッカーなし。まわりはウルトラマン水筒とかだったような。ボク的にはTAMIYAのミニタリープラモデルがブームだったんですよね。
IMG_8312.jpg

水筒の下にセットされているクッカーをバラすと
IMG_8313.jpg

カップとポケットストーブ(ってかゴトクか)に。
IMG_8315.jpg

本来ストーブの燃料は、Cレーション(野戦食)と一緒に支給される固形燃料で、レーションを温めるために使うんだろうけど、キャンプではアルコールストーブでしょう。これだけ持って行ってレトルトものや缶詰でストイックにソロキャンしてみるのも面白そう。(か?)
IMG_8316.jpg

さすがにミニタリー用なのでパッキングはこれ以下にならないコンパクトさ。水の容積は不変だから、水筒より一回り大きいだけのこのタイプは、水筒+カップ+バーナーとしては究極のミニサイズ。

ただ、ステンなので重さはあります。詳しくないけどオリジナルはアルミだったかと。
10_201812271525281d0.jpg

デイブ氏は、焚火にほりこんで使えるように耐久度を考えてステンにしているのでしょう。

しかし、今は米軍も水筒はプラだから(いやホントはもっと進化してる)
162642663-origpic-342752.jpg

・・ナルゲン+ロスコとかの組み合わせの方が軽くていいかもしれません。Canteenを直接火にかけることはできないけど。
(すみません、たぶんOKだろうけどパッキング検証はしてません)



実用上は変わりないだろう中華をラフに使い倒す方が本来かも。


イマサラのWW2時代のミニタリーGoods・・・・

でも軍幕でブッシュクラフトキャンプするのが流行りですもんね。Youtube見てたらドイツやポーランドのポンチョを数枚組み合わせてテントにしてますね。そういや、ボクも放出のタープが2~3枚あったはず。倉庫探してみよ。

ってなことが、お好きな方にはオススメです。ニヤリ。







▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
2019年賀状


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」