FC2ブログ
 
ソロ用のアルストライター。

SOTOとかコールマンのターボライターを使っていたのだけどちょっとフンイキ違い。
IMG_0636.jpg
ファイヤースターターはボクの場合、あくまでバックアップ。メンドーなのでwww
IMG_7794.jpg

そういや~ってことで、喫煙時代、それも学生時代に愛用していたZIPPOを思いつく。ボクのお気に入りは真鍮・・ブラスのZIPPOだ。
IMG_0424.jpg

実は、OUTDOORを始めた時にも、やっぱりZIPPOってことでバックに入れていたのだが、オイルライターはオイルが揮発していざというときに役に立たない。一時はオイル缶ごとバックに入れていたのだけど荷物がかさばり馬鹿げているので、長らくガスライターに転向していたわけだが・・・

・・・時代は移り、ZIPPOの中に入れるガスターボライター、Zplusが売っているではないか。

今回ZIPPOを改めて買ったのは、コレきっかけ。なのでZIPPOのブラスも外側(補修部品)のみしか購入していない。
IMG_0432.jpg

お値段はこの位。


ブラスのZIPPOは経年変化を楽しむもんだけど、ノンスモーカーになったボクは、OUTDOOR以外では使わない。そうなると指紋や汗でマダラに変色することもあってカッコ悪い。

黄金色も悪くはないが、ここは一気にアンティーク加工。ご存知のように、真鍮は、銅と亜鉛の合金。5円玉だ。アルカリにつければ一気に変色する。


まずはペーパーで傷を。
IMG_0425.jpg


ゴミ箱から拾ってきたテキトーな容器に原液のキッチンハイター入れて漬け込む。後は変色具合を見ながらテキトーなトコロで水洗い。
IMG_0610.jpg


どうだ。

光の加減で明るく見えるがマズマズの茶色。使い古した5円玉のような感じ。気に入らなければ、サンポール(塩酸)につければキレイに戻るのでやり直せるし、ピカール(磨き粉)で部分的に磨いてダメージ加工してもいい。もちろん、ハイター(塩素系)とサンポール(塩酸系)は、まぜるな危険・・ですのでご注意を。
IMG_0622.jpg

MADE IN USA を、ありがたがるワケじゃないけどね。
IMG_0624.jpg


やっぱり・・・

コレより・・
IMG_0619.jpg

コレの方がしっくりくるな。
IMG_0620.jpg

・・・というのは、完全な自己満足以外の何物でもないっすwww



サテオキ

前回ネタにしたブッシュクラフト社コラボのミニフライパン。

シーズニングして使ってみたがお肉数枚焼く程度には十分。
IMG_0645_2019092013251329a.jpg
IMG_0648.jpg

スノーピークのシェラマッチカップセットには、ちょうどイイ収まり。これで、プラカップ2枚+シェラカップ+チタンアルスト+ミニフライパンの収まり。
IMG_0647.jpg

これにキャンティーンの鍋があるので、ホントにキャンプできそうだ。
IMG_9589.jpg



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
今年は夏から天候不順が続いてますね。各地で被害も出ています。一日も早い復旧をお祈りしています。

しかし、冒頭から余談だけど、ニュースを見ていたら、千葉県は電話がつながらなかったので被害把握が遅れた・・みたいなことを言っていてビックリ。衛星電話も今や基本料金数千円。備えておきましょうよ・・と。



さて。




お盆に予定していた阿蘇・湯布院の旅・・台風10号直撃でキャンセル。

いつかリベンジしてやろうと思っていたが、9/15.16がポッカリ予定が空いた。でも、いくらなんでも金曜日に週末(おまけに3連休)の予定組なんて無理だろね・・と思いつつも予定を組んでみると奇跡的にオールクリア。

家族には、ええええ~と言われつつも出発。実はこの旅のキッカケは老母のリクエスト。観光したいものがあるとのことで、皆に「やむなし感」があるのだ。


朝6:30出発。8:30の佐田岬・佐賀関の九四フェリーで。
IMG_0436.jpg

新造船だったのか結構キレイ。
IMG_0435.jpg

まずは、老母の目的である臼杵の石仏へ。ところがTVで見たのはこれじゃない?!と言い出し嫁ハンが案内で聞いて臼杵の石仏はここしかないよ~と言い聞かせる一幕も。なんだかんだありつつ、竹田経由で中九州横断道路で・・・
IMG_0446.jpg
IMG_0458.jpg

阿蘇。九州に来たらやっぱ外せない。

米塚。
IMG_0463.jpg

草千里。
IMG_0509.jpg

阿蘇の火口は立ち入り禁止。噴煙が、まだ結構出てて、草も道路も火山灰で白けてます。遠目に写真のみ。
IMG_0513.jpg

さて、湯布院へ出発。

ボクはいつも、湯布院までは高速使わずに、やまなみハイウェイを通ることにしている。こんな牧草地が続いて爽快。(もうちょっと開けたところで写真とればよかったが)
20190917_162326_20190924141542178.gif


で、ボクの主目的のAirbnbのお宿へ16:00到着。古民家改装のお宿で・・・
IMG_0570.jpg

ボクの泊まったお宿の周囲はみんな・・・
IMG_0571.jpg

AirBEST社と契約しているようで、さながらAirbnb村って感じ。
IMG_0572_20190924142732cc9.jpg

中は、ひろびろした玄関に・・・
IMG_0535_20190924133352fc7.jpg


リビング&キッチン、もちろん自炊も可能・・・
IMG_0529.jpg

そして、ベッドルーム(4部屋)
IMG_0530.jpg

風呂は温泉かけ流しで、ずっとお湯が出ている。最初は、あふれてる~と嫁ハンが慌てて止めたくらい。後述するけど、外にもかけ流しの露天風呂。で、一軒家貸し切りで、一泊2マン。一人5千円だ。三連休なのに!
IMG_0532_201909241333518c0.jpg

湯布院の町を散策。
IMG_0548.jpg
IMG_0588.jpg
IMG_0549.jpg
IMG_0546_20190924161922421.jpg


サテオキ。

夕食は、金鱗湖の横の・・・
IMG_0555.jpg

亀の井別荘。
IMG_0551_20190924133413a63.jpg

玉の湯さんと比肩する湯布院を代表する旅館だと(ボクが勝手に)思い込んでいる。たぶん、この連休だと亀の井別荘さんは1人4~5万円。ボクたちは、隣接するAirbnbのお宿で5千円。苦笑。
IMG_0552_20190924133414e8f.jpg
IMG_0556.jpg
IMG_0562.jpg




これが亀の井別荘さんの原点らしい。今、旅館内にいくつもある古民家棟は、それらしく建てたモノで、偶然そこにあったものじゃなく意図して作られたモノだということがわかる。湯布院と言えば日本の原風景が売り。

だけど、ところどころヨーロッパのような街並み風な建物ができつつあってちょっと心配。なぜかアルプスの少女ハイジの看板があって、記念撮影用の羊がいたりして。日本アニメの典型なのかな?

アジアからのインバウンド客には当面受けるかもしれないけど、すぐに飽きられると思う。嫁ハンの田舎にも三セク事業で、南欧風のナントカホテルなんてのがたくさんできたがみんなつぶれた。理由は簡単、ニセモノだもん。日本の田舎に来る人は、日本人も外国人も、日本の田舎を味わいたいんですよね。


IMG_0563_20190924165932726.jpg


閑話休題。

突如決まった旅行なので食事予約はしたが、サスガに満席で19:30までバーで時間つぶし。順番が逆になったけど。いいバーでした。
IMG_0558.jpg

IMG_0557.jpg

夕食は豊後牛。うまかった!
IMG_0565_20190925133715490.jpg
IMG_0566_2019092414185696c.jpg

ボクたちのAirbnbのお宿は、亀の井さんから歩いて5分。帰ってすぐに露天風呂へ。気持ちイイ~。ここも24時間温泉かけ流し。打ち抜きでも抜けば温泉がでるのかしら?
IMG_0569.jpg

翌日は、大分で買い物。地元のモノは地元のスーパーで買うのがボクの主義。まあ、あんまり収穫はなかったけどね。

帰りは、臼杵・八幡浜のフェリーで。これまた新造船で、キレイだった。ちょっと寝たかったのでプレミアムクラスの個室をとった。3時間の乗船なので追加も千円台。船旅満喫(苦笑)
IMG_0601.jpg
IMG_0598.jpg

Airbnbを使ったので宿泊費が浮き、浮いたお金で、ちょっとちょっと贅沢ができた。ええ~なんて言ってた家族も、こんな形の弾丸ツアーもアリかな・・と。

老母が一緒なのでキャンプは無理だったけど、新しい旅方法を発掘できてヒョウタンからコマ。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
今日は前回のハンモックバイクツーリングのリベンジ。

朝早く起きてトリちゃんで出撃 。

IMG_0406.jpg

ボクが持っているハンモックはBYERの蚊帳付き。
IMG_0331.jpg

タープは、スノピのライトタープ ポンタ。2.5m×2mでちょっと小さいか。カタログ落ちしてるみたいで。
DSC02030.jpg

ハンモックをイス代わりに使いたかったので低めに設置。
IMG_0407.jpg

座ると高さが低くなるので圧迫感はない。でもポンタは2mなのでハンモック長とほぼ同じで、これで泊まると雨がシブくと思います。泊まるには3mか4mあった方がいいね。そうするとタープの高さも、もっと高く張れるし。

そういやDDタープのXLも買ってたはず。調べると4.5m×3mなのでちょうど良さそう。ブッシュクラフトな人たちは、ハンモックもDDハンモックを使っているようだ。
IMG_0409.jpg

余談だが・・DDタープは、張り方で変幻自在にオープンやクローズになるというタープで、Youtubeで紹介されていて買ったはず。

ちなみに今更ながらDDとはなんぞやってことで、ググって見ると・・

DD Hammocksは、インドネシアのロンボクからスコットランドのエジンバラまで、東南アジア、中国、モンゴル、ロシア、そしてその後ヨーロッパ経由で、陸路の旅を含む世界各地を旅行してきたニック・ヴァンシッタールによって設立されました

DDは英国のエジンバラに本拠を置く製品で、皆様や私たちのようなハンモックキャンパーだけでなく、主要なブッシュクラフトスクール、ジャングル教育機関、テレビ生存ショーの世界全体にも広がっています。

私たちのギアは世界中の暑い、寒い、風の多い、湿った、極端な環境での使用に適しています。

・・要するにブッシュクラフター向きの製品でっせということ。結構リズナボーでガシガシつかってください・・的だ。男前のテントやバックパックとかイロイロ売ってるよう。ボクはブッシュクラフターじゃないけどwww

で、結構探したがDDタープさんのお姿がない。過去ブログネタにもしていない。ホントに買ったのか不安になって、アマゾンで注文履歴見ると2016/12/23にコヨーテを買ってる。どこに置いたのかwwww返品記録もないし、もちろんヤフオクで売ったりもしてない。謎。

もう一度買うのはバカなので遮光用にこんなモノを買ってみた。カモフラージュネット。
71-7xXqR19L_AC_SL1000__20190918115942d23.jpg

もっとバカだ。



話しを戻して、コーヒータイム。

森の鍛冶屋のミニテーブルに、アルスト一式。ちょっと真剣に考えてみたが、これに追加するとしたら・・

薄手の寝袋、たねほうずき、ちびパン1枚、焚火台orウッドガスストーブ

・・持ってくれば夏場は本当にキャンプできるはずだ。バイクのリアボックス1個に確実に入る。自転車キャンプにも持ってこいだろう。木がないとイカンがフリーサイトなら木はあるもんね。

IMG_0408.jpg

パラシュート生地のハンモックなので手のひら大。これが、イス兼ベット兼テントになるのだから、超ミニマム。設営は、設置が高さ合わせでやり直して15分かかったが、撤収は7分。だって木にひっかけるだけですもん。

なるほど流行るワケです。




あと、雑誌CAMP LIFEのオマケになっていたブッシュクラフト社コラボのミニフライパン。柄は小枝を付けるやつ。ロッジのミニスキレットを使って肉を焼いているんだけど、軽量化にならないかと・・。でも10cm径くらいなので、軽量化考えればシェラカップでも似たり寄ったりな感じはする。まあフンイキ。
IMG_0635.jpg

なら、落ちてる小枝を切ったりするのにナイフとノコいるよね・・ってことでバイツーナイフを、VICTORINOXアウトライダー に積み替え。ボクはコレをノコなしモデルと思ってて同じモノをモンベルのショップでレジするとこだった。寸でのところでブログ確認して持ってるじゃんってことになった。ブログは書いておくものです。
IMG_0612.jpg



サテオキ


iPhone11。

ボクが、一眼でもコンデジでも重視するのは広角と低照度の性能。それを叶えてくれる時代がスマホにもやってきた。(いやAndoroidでは前から)

でもね、タピオカメラと揶揄されるカメラ部の3眼。黒くすればよかったのに。ジョナサンアイブはコレにはかんでないのかな?

とにかくスマホっていうより十数万のカメラを買った感が強いのは間違いない。

IMG_0039_20190923101220bc6.jpg


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
Patagonia メンズ ロス ガトス クルー。

結構人気らしいので買ってみた。ボクが着るとパツパツなのはなぜだろう。(真実はひとつ)
しかし、Patagoniaは同じMでもサイズ感が違うよね。(もう一回言う。真実はひとつ)
来年にはクルーネックのフリースがユニクロに並ぶでしょう。
25895_FGE.jpg




ハンモックでノンビリしている方を見かけたので、バイクにハンモック積んで出動。
IMG_0376.jpg
IMG_0377.jpg

防虫Good持ってきてなくて、蚊が蚊が。ってか、100均の虫よけスプレーあったのが中身が空。いったいドコいったんだ。DEETはたしか合成樹脂の腐食性があるはずだ。100均はやっぱりアキマヘン。

蚊帳付きなので中に入って手だけだしてアルストセットしようとしたがあまりにバカバカしく撤収でござる。いつものガゼボでお茶して退散。また出直しだ。
IMG_0404.jpg


週末は、所用があって八幡浜のみなっとに。

IMG_0401_20190909140351aa3.jpg

流石ミカン処。半端じゃないミカンジュースの種類。下手な酒より高いぞ。
IMG_0402.jpg
IMG_0403.jpg

いつきても感心するのがトイレ。中央の4本の鉄柱で屋根をもたせてある。
IMG_0398.jpg

ボクの写真じゃわかりにくいのでGoogleさんのstreet。屋根を支えているのは中央の4本の柱。すごくないすか?海際の風が強いところなのに、思い切りがスゴイ。おまけにクローズ構造でなく中に風が吹き込む作り。大風で飛ばないのかな。茶化しているんじゃなくてホントに感心しているのです。
2019-09-18.jpg



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
雨の合間を縫ってバイクランチツーリング。

今日は早起きして片道1時間の千本高原キャンプ場。

IMG_0335_20190904160707b7b.jpg

バイヤーのハンモックを持ってきたが、ストラップを忘れて張れずwww 次回こそ昼寝して帰ろう。
IMG_0331.jpg

100均(セリア)のシトロネラオイルキャンドル。コバエが多かったので火をつけてみたら全くいなくなった。バイクランチの大敵は蚊とコバエ。蚊取り線香はいつも使っているけど、シトロネラオイルがこんなにコバエに効くなんて・・。バカにしてました。スンマセン。
IMG_0312.jpg


千本ハウスに寄ってみたが荒れ放題。ちょっと草刈りしないといかんな。
IMG_0337_2019090416070999e.jpg
IMG_0338.jpg
IMG_0339.jpg

帰りは皿が峰経由。風穴寄ってみた。
IMG_0341 (1)
IMG_0342.jpg
IMG_0345.jpg


ところで・・・。


このバイクツーリングとかは、走行が目的なんで写真で見ても何も面白くないよね。


ってことで、デジカメまたもや購入。来るのは9月中旬。この記事がアップされる頃には手元に来てるかな。
(追記:発送予定が月末に・・旅行に間に合わなかったよ)

insta360 GO だ。ボタンを押せば30秒(選択可能)のビデオクリップが200クリップ取れるらしい。実はバイツーあたりで、ムービーを取りたいんだけど、メンドーでGoPROやinsta360Xのセットをしてないことがほとんど。
2019-09-02.jpg

ようやく撮っても編集するとこまでナカナカ到達しない。ブログと違って、Youtubeにアップするには編集が時間かかるもんね。ボクはYoutuberにはなれない。

そんなズボラさん用に、このウルトラマンのようなカメラは、クリップを撮りためてスマホでAI編集してくれるというシロモノ。insta360シリーズのように全球を撮るわけじゃない前面のみの半球。だから正確にはinsta180だけどね。ただ、前面のグルリ一周をとってるので手振れ補正は完璧・・言い過ぎか・・かなり強力。

バイクの時に服やカウルにマグネットでポッチリくっつけておけばイロンナアングルが撮れそう。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
あるタープの捜索活動で保管ボックスをひっくり返すついでに、ボクなりのテントの保管法などを。

ご存知の通りテントの防水はPUコーティングのおかげ。ところがポリウレタンは水分で加水分解するので、テントの保管は完全に乾燥させることが肝心。ところがいくら乾燥させても、空気中の湿度で徐々に加水分解は進んでいく。

で、ボクはテントを真空布団パックで保管している。例の掃除で空気を吸い出す式のモノで、もちろん正確には真空ではない。エア=水分は残っているし、加水分解が止まるのかどうかはわからないwww

おまけに、パックも100均の安物なんで、エアが入ってただの袋になっているモノも。

なので、用があってこの保管庫を開いたときは、エアが入っている袋を掃除機でエア抜きするようにしている。

今回も探し物ついでにエア抜きとなったワケ。

保管庫には、モンベルのクロノスドーム2、ムーライト2、スノピのセル2、ヨーレイカ、コールマンの子供用、ユニのコットテント、スノピのランドステーションが眠っている。

IMG_0411.jpg

これらを倉庫のRVボックスに入れて、アマゾンで買った大量のシリカゲルを放り込んでいる。

加水分解が止まるかわからない・・と書いたけれど、12年選手のモンベルのムーンライト2もコーティングはベトついてないところを見ると正解だと思うのだがどうでしょう。

IMG_0413.jpg



・・つーか、売れる間に売らないとね。反省。絶対に処分します。

それにしても目的のタープは見つからず。どこにいったのだろう。



サテオキ



ホンダが新型コンパクトEV(電気自動車)「Honda e」の量産モデルをフランクフルトショー 2019で公開した。
001_l.jpg

ルックスはともかく、バッテリーは35.5kWhの容量で1回の充電で最大220km走行。いわゆる初代リーフの後期型30kwとほぼ同じで、実航続距離は150〜180kmくらいじゃないかと。350万円也。

一方

VWは電気自動車『ID3』をフランクフルトショーで発表。
9111.png

バッテリーは45kWh/58kWh/77kWhの3つが選択可能。WLTP基準の航続距離は、それぞれ330km/420km/550km。350万円から。2代目リーフと同等の性能。VWサスガに外しません。



しかし、ホンダさん、150kmしか走らない中古の初代リーフなら100万前後でありまっせ。

EVの価値は今のところ航続距離。ホンダの開発の人もイロイロ理屈つけてますが、どんな素晴らしいデザインやパワーでも走らない車は意味がない。場合によると命に関わる。ガソリン車だって走行可能距離100kmくらいになったらガソリン入れるでしょう。実測で最低4~500km走るようになってからがホントの道具だと思うのだけど。


例えば、ホンダさん得意の発電機を・・
EU55is.png
OPで積めばe-POWERのように無限に走れるとかできなかったのかな?5.5kwじゃ無理か。まあレンジエクステンダーとして。



または、これまたお得意のバイク用の交換式バッテリーを・・・
1543374484626-300x217.jpg
積めるソケットを装備して緊急時には充電ステーションで5本くらい積み込んで10kw=60km位は走れるようにするとか。
GOSHARE02_1018.jpg


とにかく今発表されているスペックがすべてだとしたら、まさに周回遅れの性能。

後出しジャンケンで負けるなんて、本田宗一郎氏が生きていたら、開発者はスパナで(いや今はマウスか)ぶん殴られてたんじゃないですかね。パワハラで訴えられるでしょうけど。

こんな零細ブログの素人オヤジの意見などホンダさんの中の人に届くわけがないけど、F1にも果敢にチャレンジする野武士の集団のようなホンダさんのEV一発目がコレだと他の日本メーカーも然りなんじゃないかと。

日本の自動車産業がEVの波に乗り遅れたら日本はホントに終わると思います。オリンピックなんかより、余程がんばれニッポンだと思うのです。世界一目指さなきゃ。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
OUTDOOR倉庫のストレージを変更中。

中に何が入っているかインデックスをつけるためにテプラを更新。

手のひらサイズで電源ボタンとカットボタンのみのミニマル。
IMG_0320.jpg

最近のテプラはスマホ対応。ちょっと感動したのはメンドーなBluetoothのペアリングなんてなし。アプリから印刷押せばその場でペアリング・・データ送って印刷。ペアリングなしに通信できるんだったらデジカメからスマホにデータ飛ばすのも、こんなにできないのかな?電源も自動で切れる。キャー、キングジム素敵。

早速ライト関連のINDEX作成。
IMG_0321.jpg

アレ。見慣れたロゴが。スマホ対応なので画像取り込み可能なのだ。テープもマスキングテープで様々な模様から選択できる。もちろん専用マスキングテープで、感熱紙になっているのだ。だから、高温になるところでの長期保存は無理だろうけど色褪せたら貼り直したいいし。
IMG_0325.jpg

早速ペタ。ほおずきを3個収納しているので、嘘のINDEXじゃありません。
IMG_0330.jpg

遊んでみた。
IMG_0329.jpg

と・・

例のBE-PALのバンブーカッティングボード。キャンカー用のカッティングボードは100均のバンブー使っていたので載せ替えよう。ナイフもモーラナイフからオピネルに積み替えかな・・。

それより何よりBE-PAL紙面を見てびっくり。winpy-jijiiさんが出てる。まあ知り合いでもなくただのYoutubeの登録者だけどね。
IMG_0405.jpg


ところで・・・

今年は酷暑の後は長雨。雨の合間を縫ってバイクツーリング。

高縄山。最後の数Mで突然のガス。小雨になったので展望台断念。
IMG_0305.jpg
IMG_0307.jpg
IMG_0313.jpg

高縄山の頂上キャンプ場付近。樹齢1000年は行ってない?
あとハンモックでくつろいでいる方いらっしゃった。いいね。ってことで次回はボクも持参。
IMG_0316.jpg





▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
ええ、いつもの衝動買いです。

IGTサイドテーブル。正直、雪峰祭とかで出てても触手は伸びなかったのだが・・。オーソリティーの500円券と、10%引きと、元々処分価格で9千円とかになっていて、600mmの脚が余っていて、嫁ハンのコーヒーテーブルがない・・といういくつかの条件が重なって購入。嫁ハンは、邪魔・・と(泣)
IMG_0295_2019090216580130c.jpg


さておき。

本屋さんでPEAKSのスキットルオマケの本が売れ残ってるのを発見。
IMG_0292.jpg

容量150ml。千円の本についてくるオマケとしては上出来。と言っても、ウィスキーをケツポッケに入れてチョビチョビ飲む趣味はない。登山とかだと最高かな。
IMG_0293.jpg

ボクはアルストの燃料ボトルとして使おうかと。

ボクのアルコールボトルは500mlと、ナルゲンの60ml。ナルゲンの60で2回コーヒーを沸かすことができるのだが補充を忘れることもあってコーヒー抜きになることも。バイクなので重さは目をつぶって150mlあったらいいんじゃない!かと。
IMG_0294_20190902165800230.jpg


週末は夏風邪で行動自粛。

子供は愛媛ライドで自転車の遠距離ツーリングに。友人と3人で、伊予市から佐田岬への往復160km。根性あります。体力有り余る時期なんすね。

伊予市の会場までトランポしてやり、嫁ハンと、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを。シャロン・テートがカルト集団チャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された事件を背景にしている・・っていう基礎知識がないと???の状態だった。嫁ハンは猟奇殺人に詳しいので(!)なるほどね~なんていってたけど。
IMG_0297_20190902165803b65.jpg
IMG_0298.jpg
IMG_0299.jpg


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
何回か前のネタで取り上げたミニタリーメディカルポーチ。

US ARMYの、MOLLE SYSTEMに対応しててバックに連結できるというモノで、スパイスボックスを置き換えた。
IMG_0245.jpg
IMG_0244_20190826102009ce2.jpg

調子に乗ってキャンカーのキャンプパッキングを再構築することに・・・。

こんな感じ・・・ってダンボのオリコンがミニタリーかよ・・・ってツッコミはなし。ベージュのオリコンがコレしかなかったのです。
IMG_0290.jpg


オリコンの中身は、モンベルの鍋、フライパン、食器類。水場があって食洗できるときはコチラ使用。
IMG_0280.jpg

MOLLEシステムのミニタリーバックパックには、以前紹介のスパイスボックスが装着可能。ってか小物バックをいくらでも装着できる。必要ならこの下にも左右のサイドにも・・。バイツ―の時は便利そうだ。

ただ、気を付けなくちゃイケナイことはサバゲ―用のお安いバックはあくまでゲーム用ってこと。いうならば100均のカラビナみたいなもので、キャンプ用途ならフンイキで使えるけど登山につかうと命がなくなります・・みたいなトコロだ。MOLLEもあまり重いものを付けるとバイクでいつの間にかなくなってることもあるかもです。まあちょっと高いやつ買えばコピー品でもしっかりしてます。

ボクは面白いのでこれからも注目していこうかと。
IMG_0289.jpg

中身は、水場がないキャンプ場や時短用の紙皿類と
IMG_0350.jpg

キッチンツールとカトラリー。
IMG_0352.jpg

キッチンツールは意外にばらけるので一まとめに。
IMG_0353.jpg


積み込んでもスッポリ。

あと、ペグケースと薪割ナイフは、トラスコのメタルのツールボックスに。CRC556と一緒に放り込んでいる。ペグをしまうとき一応拭いたりするんだけど、556一吹きしてガチャンと閉めておくと錆びない。そんな時にメタルボックスの方がめんどくさくない。

ここまで書いたら、読み返したら懐かしいし、ついでに今現在のツール類をメモしておこう。

イスはガタパウトチェアタイプ(VAGABONDとUNIFLAME)3脚に、スノーピークの今は無きパッドインチェア2脚。10年選手の骨董品。ヘリノックスや、カーミットチェア、TNFのチェアとかもあるけど、結局は10年選手を使ってます。

テーブルはIGTの円卓タイプ。サブテーブルはイロイロ。ジカロテーブルだったり、バイヤーのウッドだったり、焚火テーブルだったり・・。

右下のカモ柄のバックに中華バーナー2種。一つはIGTにビルトインできるように小改造して。ただカセットガスで使うとドロップダウンが大きく液だしにしないとパワーが出ず嫁ハンには不評。IWATANIのマーベラスに戻そうかしらと。

タープは、スノピのレクタMとリビシェルを常備。
IMG_0278.jpg

・・の割には結構コンパクトに収まっていると自画自賛。誰に見せるのでなくアレコレするのが楽しいのです。オヤジのおままごとwww


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
長らく発売延期になっていたモンベル マルチ フォールディング テーブル ワイド。

ecinfo_002_07762_20190827134845bb1.jpg
ecinfo_002_07758_2019082713484473a.jpg

実は前から、ちょっと気になっていたのだ。

ワケは、ヘリノックスのテーブルワン(・・ポールで立ち上げるテーブル)を買ってその軽量・コンパクトさに舌を巻いたからだ。ただ、ヘリノックスの弱点はハードトップではないこと。(OPではあるけど)

モンベルさんが、ポールで立ち上げるハードトップのテーブルを作るのなら、ヘリノックスの上をいくんじゃないか!・・と思って気になっていたのです。

最近、雑誌で画期的なキャンプテーブルって紹介されてていよいよ販売かと思っていたら、石鎚のモンベルに行ったらワイドの方が置いてあった。店員さん曰く大きい店舗しかデリバリーはなくて、それも入荷は極少数です・・なんて言われたもんだから深く考えずにお持ち帰り。



早速お家で試しに組み立て・・

脚を開いて・・
IMG_0259.jpg

角(?)を伸ばして・・
IMG_0254.jpg

天板を載せて完成。
IMG_0256.jpg

名入り。
IMG_0257.jpg

ただね~デカイ。全然、軽量コンパクトじゃない。

普通のロールトップテーブルとほぼ同じ大きさ。コールマンの天板は杉なので、シナベニアや竹なんかと比べて大きく重いはずだけど、それとほとんど同じだ。組み立ても、少しメンドー。ロールトップの方が簡単だ。

全然、Light & Fastじゃないよモンベルさん。

IMG_0263_20190827140206a8e.jpg

原因はポール構成。手前はヘリノックスのテーブルワン。天板の大きさが違うので比較できないとはいえ、モンベルのポール組が複雑怪奇だし、えらく太いのがわかると思う。
IMG_0271.jpg

より重くしているのは前後の脚をつなぐパンタグラフ(蛇腹みたいな)構造じゃないかと。もっとシンプルにできなかったのかな。
IMG_0274.jpg

モンベルさんは、ヘリノックスみたいなポール立ち上げのテーブルを作りたかったのだろうと思うが似て非なるモノ。モンベルさんのはポールをポールとして使ってないと思う。

ヘリノックスはご存知のように韓国のテントポールメーカーDAC社。DAC社は独自のアルミ合金TH72Mを開発して世界の名だたるテントメーカーがDAC社のポールを採用している。こんな軽量かつ強度が高いポールなら、イスやテーブルができるんじゃない・・ってことで軽量なイスやテーブルを作ったんだと思う(想像ww)

IMG_0276.jpg

ヘリノックスのチェアワンなんて最初はポール折れないかしらとヒヤヒヤしながら座ったもんです。でも、ポールをしならせて座面をセットすると、ポールのしなりがクッションになり、ミニチェアと思えない座り心地。

ヘリノックスのテーブルも、ポールを組むと互いにテンションをかけあって、引っかけているだけなのに、各部がしっかり固定される。持ちあげてもこの通り。

ポールがテントにテンションをかけて雨風に強くなるように、ポールのしなりをうまく使ってイスやテーブルも設計されていると思う。
IMG_0273.jpg

要するにヘリノックスの製品はポールありきでスタートした商品群で、モンベルさんとは似て非なる発想かと。

また、コンセプトだけじゃなくて、製品の精度や仕上げもヘリノックスの方が上。モンベルさんの脚には塗装が剥げたのを塗り直して修正したような跡もあったりして。


だた、それだけの話しなんですが、なんかね。寂しい感じがしたのですよ。

何を作っても、精緻でカッコよく壊れない製品が made in Japan だったはずなのに made in Korea の方が上ですもん。

スマホどころか、ついに趣味の分野でも。

できないんじゃなくて、モンベルの作り手さんは世界で一番のモノをつくってやろう!なんて思ってないんじゃないかな。

ヘリノックスは、チェアワン作った時にミニチェアの世界一を目指したはず。かの国は、スマホも、半導体も、車も、K-popなんかもそうなんだろうと思う。

日本人は、もう1回上を向いて歩こう・・しないとダメなような気がします。



▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」