FC2ブログ
 

ガスバーナーの液出しスタンドを作ってみた。

Category : キャンプ用品レポ

前回のキャンプで実戦投入だったスノピの剛炎チックな中華バーナーBULIN BL100。

6800Wという大火力なんだけど、1桁温度の朝では長く使っているとドロップダウンが感じられた。
IMG_8697_20190116135914c45.jpg

理由は、はっきりしているBULINの責任ではなく、ボクがアダプターをかまして安いカセットガスで使ったから。(もちろん、IWATANIさんはそれでもヒートパネルでしっかり使えるのだけどね)

この中華バーナーにはヒートパイプがあって非公式ながら(ガス缶を逆さにして)液出しも可能だ。
タイトルなし

安いブタンガスは気化温度が-0.5℃と高く、おまけに気化するときに気化熱でどんどんガス缶の温度を奪っていくので冷えて-0.5℃に近づき蒸気圧が下がる=ガスが供給されない=炎が小さくなる・・ご存知の通りこれがドロップダウンです。

ブタンを液体のまま流してヒートパイプ内で気化させれば外気温の影響を受けにくく安定して燃焼できるワケ。(といっても液を押し出す蒸気圧はいる)


ただ液出しをするためには、ガス管を逆さに保持するスタンドが必要。


で、見つけたのがセリアで買った缶ホルダー。なんでもビール缶とかを倒れにくくするものらしい。
IMG_9662.jpg

底が抜けてないので、ホールソーで穴あけて・・
IMG_9657.jpg

このホルダーをカセットガスにまず通してガスホースを取り付け。

まずは正立で予熱。しっかり温まったら最小のトロ火程度に絞り込んで・・
IMG_9659.jpg

ひっくり返して倒立に。液体のまま調節弁を通るので、火力のさじ加減は非常に敏感。最小トロ火でひっくり返さないとファイヤーになるのでご注意。また、消す時も、ガス管を正立に戻してしばらく燃焼を続けホースの中の液化ブタンを追い出したうえで、調節ネジを絞り込んで火が消えるまでしばらく待つ。
IMG_9660.jpg

5分ほど点火したまま放置したが問題なし。冷えてどうにもならないなど緊急時には使える。

ただし、あくまで自己責任。以下ご注意を。

安い液出しを謳った中華バーナーがAmazonさんにあるが、レビューを見るとガス缶の取り付け部分から液漏れしたなんてのもある。Oリングが低温になって液漏れしたのではないかと思う。でもそんな製品はガス状態でも漏れているんだろうけど。

また中華のカセットガス>CB缶アダプターは点火してない状態でもシューと漏れているモノもある。ボクも一度返品した。

ガス漏れ・液漏れに引火したら大惨事ですのでご注意くださいませ。


▼応援ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
▲各種ランキングに戻るには、こちらからどうぞ。
クレソンで行こう - にほんブログ村

コメント

No title

こちらの記事のものはBL100-B17だと思いますが、
背の高いモデルのBL100-B16は正式に液出し対応(OD缶を逆さにしたまま固定可能)なので、バーナー部が共通と思われるこちらも問題ないでしょうね。

No title

どうも。

ボクは火力調整が微妙なのであくまで非常用で使ってます。

寒い時はブタン使わないといいのですけどねwww
非公開コメント

PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」